tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

コントラバスリコーダー

現在、私たちのリコーダー・アンサンブル・プラセボ Placeboでは、レスラーのコントラバス(以下、CB)をお借りして使用していますが、この楽器は下のG#(A♭)の音がキーがなく出せません

このため、G#がある曲では、転調するとか、その音だけオクターブあげるとか別の音に置き換える(和音の中で)あるいはその音だけ休むなど、なんらかの対応をとることになるかと思います。

また、他の楽器と音程を合わせるために、変え指を多く使わなくてはならないこともあります。

 

そういうこともあり、最近増えている各社のCBについて、その良し悪しや、お気付きのことなどについて教えていただければと思い、Facebookのリコーダーのグループでお訊ねました。
価格のことを一旦置いておくとしたら、それぞれの楽器はどのような長短があり、お勧めいただくとしたら、どういう順になるでしょうか、とお訊ねしています。


私の数少ない経験や印象などについて書かせていただきます。
コメントいただければうれしいです.
Facebookでのそれぞれの楽器についてのコメントは追って掲載させていただきます。


 

キュング KUN2822


最近一番使われている楽器かと思います。私も何度も吹かせていただいたことがあります。音程も運指通りに吹けばほとんど不安なく、その姿も素晴らしいですが、この2年ほどで値上がりし、国内で税も入れれば100万円を超える(ケース付きで)ことになり、ちょっと躊躇してしまいます。

KUN2822

 

Paetzolt (無塗装のものや、オリーブ風/チェリー風/ブラックなどの塗装仕上げがあるようです)

CBでもサイズが比較的小さく軽いので扱いやすいこと、またサムホールの押さえ方に特徴があるため慣れることが必要ですが、CBでもサムホールが大きすぎて手の小さい女性でも親指が穴に埋まりこんでしまうということもない。

マウスピースの長さが確か変えられないこと、回転させることもできない(スイングはできるがクルークのようにねじることはできない)ことから、顔の向き/口の位置/両手の位置などが調整しにくく、ときに吹きにくいと感じる。

価格的には比較的安くて、無塗装ならキュングの半額、ラッカー仕上げでも比較的安価である。

PAE06FP     PAE069-AS
     チェリー(桜)風                ブラック

 

Moeck   MOE5741


比較的新しく、まだ使われている方も多くはないかもしれません。

私は山野のリコーダーフェアで、ほんの少し吹かせていただきました。

音は楽々と、ろうろうと音が鳴りました。最低音Fでもそれほど気を使うことなく吹けた様に思います。CBでは初めての直吹きの楽器とのことです。

吹奏楽の楽器かと思う様なスタイルは好き嫌いが分かれるかもしれません。

ニック式と同様、こういう形の楽器はバロック時代にはなかったものですので、そういう楽器は使いたくないとおっしゃる方もおられるかもしれません。ペッツォルトも同様かもしれませんが。

キーは、これも吹奏楽器のキーのような指押さえ部分で、しっかりした印象でした。

価格はキュングより56万円安いですが、国内で税込なら96万円くらいになるようです。

    csm_Anzeige_Subbas_A5_ohneDRuckmarken_15a475a998          MOE5741


 

Coolsma Subbass COOCMS

 
ペッツォルトと同じ様な合板の楽器を出されている様ですが、コルスマのアルト1本でCBが買えてしまいそうな値段の様です。どんなものか全くわかりません。


COOCMS
 

tomo


小学校での「くすりの教育」について

薬の適正使用協議会は322日、小学校学習指導要領案に対して「薬の教育」追加を要望するパブリックコメントを文部科学省に提出したと発表したとのこと。

小学生のうちから薬を服用することがあり、正しく使用するためにも、「医薬品の役割」として、5~6年生を対象に指導しようということらしいです。

すでに高校や中学校の学習指導要領にはくすりの教育が盛り込まれており、保健体育の授業にて医薬品について学ぶ機会を設けているそうですが、高校で扱う内容が多岐にわたり、早期からの薬の教育も重要であることから、今回のパブコメ(注)提出に至ったとのこと。

指導要領案は3年後にまとめられ、20年から施行予定だそうです。

高校で一度にたくさん学ぶより、分散して早い時期からやる方がいいということのようですが、最近は小学生にも覚せい剤が広まっているという話も聞くくらいですから、薬の怖さや副作用、もちろん有効性について自分で調べたりできるようになるといいですね。

(注)
パブリックコメント
(英: Public Comment):ウィキペディアから引用

公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう(意見公募手続、意見提出制度)。
公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ


tomo

国家試験合格率について

厚生労働省から今年の薬剤師国家試験の結果が発表されました。

受験者数1万3243人に対し、合格者数は9479人で,合格率は前年からマイナス5.27%の71.58%となったそうです。

うち、6年制新卒者の合格は7052人で合格率は85.06%、6年制既卒者は2295人で50.83%。

合格率の低下は既卒者の受験者が増えたことなどが影響しているとし、全体として波乱のない「穏当な結果だった」との厚生労働省の弁。

大学別合格率は、国立大が前回並みの84.38%、公立大も概ね前回並みの83.69%、私大がマイナス5.67%の70.64%だったそうです。

私大では依然として「出願していながら受験しない」学生が多くみられており、合格率を引き上げるために「出願者のうち合格が見込めない学生に受験させない」といった“合格率ロンダリング”が行われている可能性が示唆されているとのこと。


以前に国家試験について書いた記事↓
大学、専門学校の宣伝する国家試験の合格率って、うさんくさいかも (@_@;)

  

tomo

古民家宿に泊まりました

先日、田舎の母がこちらにやってきて、1週間過ごしていきました。

高齢なので、あまり遠出するのも大変だと、川越の散策や、近所の日帰り温泉施設に行ったりしました。
それだけでは、遠くから来てもらって申し訳ないということもあり、ネットで見つけた「古民家の宿」に出かけてきました。

梅庵1

大宮から1時間半ほどで行けるアウトレットモールのある町の郊外です。

なんと250年経つ藁ぶき屋根の民家を再生して、宿にされているのです。

1日に1家族、50歳以上がメインのお客しか受け入れないということで、貸切でした。
4人で出かけましたが、5人までは泊まれるそうです。
テレビもありません。


梅庵6

懐かしく薄暗い「土間」です。
私の田舎の島根でも、30年前位にはこういう土間にかまどがありました。
入ったとたん、「懐かしい~!」と思いましたね。

梅庵3


梅庵2



囲炉裏の煙が屋根から立ち上って、とてもいい雰囲気でした。

泊まった日の1週間ほど前から、ニホンカモシカが裏に出てくるようになっているが、見ても騒がなければどこかへ行くからほっておくようにと言われました (@_@;)
普通の鹿ではなく、天然記念物のニホンカモシカだそうです.

梅庵5



下の写真は、桜の季節の風景(インターネット掲載写真から)
この写真を見て期待して行ったのですが、今年はご存じのとおり寒くて寒くて、桜は全く咲いておらず、咲き残った梅と、スイセンが迎えてくれました。
夜はお布団の中に「湯たんぽ」を入れていただき、寒さを感じることなく休むことができました。

梅庵の桜

 

tomo

就活 (再就職) 第三新卒??

皆様お久しぶりです。一月ぶりの投稿になりました。

この5月いっぱいで定年退職になるため、その後の再就職の活動でバタバタしておりました。
まだ少し続くかもしれません。

今勤めている会社にも再雇用の制度はあるのですが、なんせ給与が、翌日から現時点の4割!!になってしまうのです。
半分になるとは聞いていたものの、4割とは、、、、 大学生の子供がいるので、4割となるとさすがに受け入れられず、外に就職先を求めようということになりました。


そういう就職先を探す作業の中で、「第二新卒」という言葉に出会いました
第二新卒とは、新卒から入社して3年以内に退職した人を指すそうです。

国の調査で、中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が3年以内に退職しているということらしいですが、第二新卒は、一度就職をしているという事で既卒の人に比べ転職する上では非常に有利だそうで、第二新卒を雇いたいと考えている企業は多く求人サイトでも第二新卒を支援している所がとても多いとのこと。


私のような定年退職後の再就職は、「第三新卒」とでもいって優遇してもらえるといいのですが書類審査の段階で、年齢から「さようなら」と言われることも多いようで、なんとか自分のスキルを活かせるところが見つかるといいなぁと思っています。

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006