tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

横浜のハンドベルチーム メンバー募集

私がハンドベルを教えていただいている小田部万里子先生が指導されているグループでのメンバー募集についてお知らせします。

横浜の二俣川で活動されている “ フェアリー ”さんです。

2000年から活動されており、メンバーは幅広い年代の方が集まられているとのこと。
募集のチラシを掲載させていただきます。

チラシはクリックすれば大きくなります。
(別ウィンドウが開いてからもう一度クリック) 

フェアリーメンバー募集
  

tomo

ストゥディオ・フォンテガーラ 2017春のリコーダーセミナーのご案内

田中せい子先生のリコーダー教室 ストゥディオ・フォンテガーラ の春のリコーダーセミナーのご案内です。

ストゥディオ・フォンテガーラ 
リコーダーセミナー第56期春期 (2017年3月~2017年4月) ~初心者から上級者まで~ 



フォンテガーラホームページ写真

   フォンテガーラ ロゴ

初級者はもちろんですが、中級以上の方々でも、呼吸法や身体のこと、楽譜の読み方(通奏低音の数値などからの演奏法の解釈なども)など、密度の濃いご指導を受けることができ、とても充実したレッスンです。

また、チェンバロと合わせることができるなど、なかなか他では経験できないいレッスンが受けられます。

そこでお知り合いになった方々と、いろいろな演奏会の場などで再会することも多く、ぜひ受講されればと思います。
もちろん個人レッスンも受けることができます。



【ストゥディオ・フォンテガーラのホームページからの引用】

全ての管楽器でそうであるように、リコーダーを演奏する時も、正しい持ち方や息使いで吹くことは、よい音を出すための大切な条件です。ただ、この楽器にはごくシンプルで、すぐ音が出る、という手軽さがあるため、初歩の段階における基礎の導入があいまいにされがちです。基本をよく理解して身に付けていかないと、どんな難曲を吹けるようになっても、色々な演奏上の不都合が生じてきやすいものです。ストゥディオ・フォンテガーラのセミナーではよい音作りを第一に取り上げています。そして 基礎をしっかり押さえた上で、息、指、舌についての細かいテクニック、更には楽曲の読み方、解釈の仕方まで、受講される方のレベルに合った指導を行っています。もっと豊かな音を出したい、楽に演奏したい、曲の持つ意味を理解したい、さらにテク ニックのレベルアップがしたい、そんな方達のためのセミナーです。



★セミナー1 テオリーセミナー《アナリーゼに必要な知識とテクニック》

リコーダーのレパートリーを演奏する時、自力である程度曲を理解する力があれば、曲のフレージングも自分で行え、曲の構造に忠実な音楽作りがしやすくなります。ルネッサンスやバロックの知らない曲を手にした時、どのような手順で曲に向き合えば良いか、必要とされる知識はどんなことか、調の見分け方、和音の読み方、メロディーのパターン、カデンツについて等、基本事項を分かりやすく解説し、さらにその助けとなるような基本練習の仕方を紹介します。

3/20(月・祝)午前10時~午後4時 会費:¥9000 講師:田中
 

★セミナー2 アルトリコーダー2重奏 《テレマンの6つのカノンソナタ》 

テレマンのカノンソナタはカノンでありながら音楽的完成度が非常に高い作品です。音程やアーティキュレーションの格好のの練習素材となるカノンのスタイルを用いて、どこまでこの作品の良さが引き出せるかチャレンジしてみましょう。

お一人、またはお二人でお申し込み下さい。

4/8(土)午前10時~午後4時  会費:¥9000  講師:田中
 

★セミナー3 リコーダー奏法の基本 《息、指、タンギング》

アルトリコーダーを用いたセミナーです。より響く音がどの音域でも出せるよう、息を流しやすい身体はどんな状態か再確認しましょう。そして息に大きく関わってくる指、舌の配置、基本の動かし方についても改めて解説します。ご自身の演奏を改めてチェックする機会にして下さい。

4/22(土) 午前10時~午後4時  会費:¥9000 講師:田中、ブラジェッティ



■ STUDIO FONTEGARA アンサンブル、コンサート準備クラス

6回のレッスン後、4月20日(木)に近江楽堂で計10分程度のアンサンブル曲を発表します。

レッスン日程:3/19(日)、3/25(土)、4/2(日)、9(日)、16(日)10:00〜12:30、4/19(水)のみ18:00〜20:30
4月20日の参加費を含めた受講料:¥28000

    

リコーダーセミナーについて

受講曲の演奏が可能であれば、どのセミナーにもお申し込み頂けます。
通奏低音つきセミナーのチェンバロ伴奏は講師が行います。 
必要な受講曲の楽譜は事前に E メールのファイル等で送付致します。 
各セミナーとも定員(15)に達し次第〆切となります。

学生の方には割引を適応致しますのでお問い合わせ下さい。

申込方法の詳細などについては、次のホームページをご覧ください。


ストゥディオ・フォンテガーラ ホームページ

STUDIOFONTEGARA ではセミナーの他、個人、グループレッスンも行っています。詳しくはお問い合わせ下さい。

夏のセミナーも予定されているそうです。

夏期セミナー開催予定:2017年7月~9月

(tomo)

Recorder Trio & Quartetto いまむかし コンサートご案内

田中せい子先生のストゥディオ・フォンテガーラでのコンサートのご案内です。

演奏者の先生方とは親しくしていただいているので、ぜひとも伺いたいと思っていたのですが、田舎から母が出てきて小旅行に行っているときに重なってしまいました。
残念ですが、次の機会に。


Trio & Quartetto いまむかし

2017年4月1日(土)13:00~、16:00~(2回公演)

東池袋 ストゥディオ・フォンテガーラ

リコーダー : 高橋明日香、深井瑛理、福岡恵、宮里安矢

プログラム:

  A.de.フェヴァン  / 3つのトリオ
  M.プレトリウス   / “テルプシコーレ”より
  M.ロック       / 組曲 第2番
  H.U.シュテープス /  トリオ
  廣瀬量平       / イディール(田園詩)I
  R.フォード      / セクエンティア

〔チケット〕前売り3000円 当日精算・当日券 3500
〔協力〕ストゥディオ・フォンテガーラ


チラシはクリックすれば大きくなります。 

Recorder Trio & Quartetto いま むかし


(tomo)

ハンドベル教室 短期コース(3ヵ月)のご紹介

私が教えていただいている小田部ハンドベル教室で、レギュラーのコースとは別に、お試ししやすい短期コースを開設されることになりました。

隔週の6回(3ヵ月)のレッスンです。

6回体験してみて、続けてみようと思われたらレギュラーコースに移られるか、また次の短期コースに入られるのもいいかもしれません。
ただ、次の短期コースまでは3ヵ月くらい空いてしまうかもしれませんので、レギュラーに入りましょう!!

レギュラーは毎週1回の3つのコースと、第2、第4金曜のコースがあります。
ちなみに私は水曜夜のコースです。

これまで、仕事の関係や体調の関係で教室を中断しましたが、またやりたくなって復帰しています。
初めて小田部教室に入れていただいてから、そろそろ10年近くなるのではないでしょうか。
それだけ、メンバーと一緒にやる演奏は楽しいということですね。

チラシはクリックすれば大きくなります。(別ウィンドウが開いてからもう一度クリック)   

小田部ハンドベルチラシ
 

tomo

糖尿病に睡眠薬? NHK「ガッテン!」

ずいぶん長くブログを書いていませんでした。

あと3ヵ月ほどで定年退職になります。
今いる会社の再雇用もあるのですが、いま再就職のための職探しや面接を受けています。
また、娘が下宿をすることになり、その引っ越し準備もあって忙しくしています。
もうしばらく、ブログを書くのも遅くなるかもしれません。


さて、薬業界の日刊新聞の2月24日の記事です。

2月22日放送の「ガッテン!」で、不眠治療薬の「オレキシン受容体拮抗薬」が糖尿病患者の「血糖値を下げる」「発症予防になる」と放送されたことで、興味を持った患者さんが薬局や医療機関に押しかける騒動が起きているそうです。
テレビをご覧になった方もおられるかもしれませんね。

 

同剤の使用で、熟睡時に出る脳波「デルタ波」の量を増やし、結果として血糖改善効果につながることを専門医が解説されたそうです。

しかし、上記の不眠治療薬を糖尿病の適応で処方するのは当然「適応外使用」(効能に書かれていない疾患に使用すること)となるほか、番組内で「新薬だから安全性が高い」といった発言があったらしく、医師、薬剤師等の医療関係者が問題視してネット上で反論する事態になっているとのこと。

 

医師の間で、まだ効能が認められていない使い方をする「適応外使用」はそれほどまれなことではなく、その後論文などが出されて多くの医師がその使い方をするようになると、臨床試験を行って申請し、効能を追加するということはよくあります。

ただ、医薬品の効能を追加するための手続きが行われていないものを、テレビ等で広めてしまうのはいかがなものかと思います。個人的には「デルタ波うんぬん」というのはあまり信用できません。

また「新薬だから安全」というのはまったく根拠がなく、一定数の重篤な副作用が報告されているとのこと。それだけに、番組内容が「あまりにも安易。患者をよからぬ方向に誘導しかねない」「誇張が著しい」と医療関係者の不評を買っているそうです。

 

テレビを見た糖尿病患者から薬局に「NHKで紹介していた薬を飲んでみたい」との申し出もあるようで、薬剤師としては適応外使用となることもあり、「主治医に相談を」と対応したようです。

この薬のメーカーは番組内容に関与しておらず、糖尿病治療薬ではないため、医師に相談をとコメントしているとのこと。

 

食品ではテレビで「健康によい」と放送されると、スーパーからその食品が消えるという現象はよくあることだと思います。
「ガッテン!」は私も結構見たりしますが、薬は作用が強いものなので、適応外使用はあまり安易に考えない方がいいですね。

(tomo)

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
ハンドベルイベントのご紹介
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006