tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

プラセボ Placebo 第4回定期演奏会報告 (5) 合唱との協演 

プラセボ第4回定期演奏会の報告第5弾です。


第2回の演奏会から、他の音楽の愛好家の方との合同演奏をプログラムに加えてきていますが、今年は、やはり浦和で活動されている混声合唱団コンセール・サムディさんと一緒に演奏しました。

指揮は、川瀬正壽先生


とても有名な曲、クリスマスにふさわしい曲などからの選曲です。
思っていた以上に、合唱とリコーダーの合奏は素敵でした。


【合唱とリコーダー】
リコーダーは、SSAATTBCB


★ W.A.モーツァルト
      アヴェ・ヴェルム・コルプス(
Ave Verum Corpus 聖体讃歌)

 


 
★ O.
オルソン       アドヴェント(Advent 待降節)



 



【合唱】


★ T.L..ヴィクトリア    アヴェ・マリア(Ave Maria 聖母賛歌)
 



 


第5回定期演奏会では、イングリッシュ・ハンドベルとの協演を予定しています。 

tomo

もうすぐです!! 銀座山野本店 リコーダーフェア

あと2週間余りで、銀座山野楽器でのアマチュアリコーダーアンサンブル・ミニコンサートです。

 

リコーダー・フェアの中のイベントとして、21日(土)、22日(日)の2日間、アマチュアのコンサートが行われ、プラセボも、21日(土)に参加します

実は、このときゼーレン・ジーク作品の楽譜を7階イベントスペースに20日~22日まで展示していただけるようです。


 

↓ このリンクのページの一番下の方にジークさんの楽譜の紹介が載っています。

銀座山野楽器 リコーダーフェア2017

 

 

リコーダーフェア2017の20日~22日の3日間以外は、5Fの管楽器フロアのリコーダー・コーナーに楽譜も展示していただいているようです。

銀座山野楽器にお出かけのことがあれば、管楽器フロアでジークさんの楽譜を手に取ってみてください。


山野楽器での展示の様子(5F 管楽器フロア)

銀座山野ジーク楽譜



(tomo)

季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介

今日はみなさんよくご存じの「季刊リコーダー」とジークさん、ジーク作品楽譜のお話です。

 

季刊リコーダーの2017年冬号が発刊されました

 

季刊リコーダー表紙

 

ジークさん来日と来日記念演奏会の特集です。

演奏会当日の様子とジークさんと森吉先生とのインタビュー記事は、たっぷり4ページもあって、ジークさんの幼少期からの生い立ちや、アフリカとのかかわりなども楽しく読むことができます。

ぜひ、2017年冬号を購入してお読みになってください。

こちらは、このブログでの演奏会の紹介記事です。
ジークさん来日演奏会の様子(1)
ジークさん来日演奏会の様子(2)

 

この2017年冬号が私たちプラセボにとっていつもの号と違うのは、ジーク作品の楽譜出版のことなどを載せていただいているからです。


下の画像は、クリックすれば大きくなります。(別ウィンドウが開いてからもう一度クリック) 

季刊リコーダージーク記事3

 

季刊リコーダージーク記事4

ジークさんの作品に興味をお持ちいただけましたら、視聴もできる

【 プラセボ楽譜販売 】 (リンク) をご覧ください。


森吉先生の「編集長あいさつ」のページで、プラセボの活動をお褒めいただきました。
ありがとうございました。

私の撮った写真もお使いいただき、とてもうれしく思っています。

季刊リコーダー編集長あいさつ

  

tomo

プラセボ Placebo 第4回定期演奏会報告 (4) コレルリ 合奏協奏曲

プラセボ第4回定期演奏会の報告第4弾です。


A.コレルリ 合奏協奏曲ト短調 「クリスマス協奏曲」


1. Vivace-Grave
2. Allegro
3.
Adagio-Allegro-Adagio
4. Vivace
5.
Allegro
6. Largo “Pastorale”


AATBBCB の6声に編曲したもの。

この曲は録画状況がよくなかったので、動画ではなく静止画と録音を用いてYouTube にアップしました。




動画と音を録る機器が高性能なものではないためか、音は音楽用 ICレコーダーで録音したこの曲の方が、他の動画よりもいいのではないかと思います。演奏はもひとつかもしれませんが (^_^;

YouTubeにアップするのは、最初から動画の方が簡単にできますが、今後どのような方法で記録を残すか考えていきたいと思います。
動画も音もよく録れる高性能な機器を買えばいいのでしょうが、、、、

tomo

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」記念コンサート vol.3 ご案内

少し早いですが、演奏会のご案内です。

東京・春・音楽祭  -東京オペラの森2017

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」 記念コンサート vol.3

 

2017年3月31日(金)  14:00開演  13:30開場

   東京都美術館講堂 (JR上野駅徒歩7分)

 

リコーダー:太田光子、村田佳生、水内謙一、浅井愛、辺保陽一、
        高橋明日香、菅沼起一、大塚照道

 

 A.ヴィラールト / 愛よ、いつ生まれたのだ?

 A.ヴィラールト / 「泉にて」ジョヴァンニ・バッサーノによるディミニューション

 A.パドヴァーノ / 「バッタリア」による8声のアリア

 C.ポルタ     / 8声のジロメッタ 他

 
チラシはクリックすれば大きくなります。(別ウィンドウが開いてからもう一度クリック)   

ティツィアーノ記念演奏会チラシ

 〔チケット〕全席自由 2100円 12/8(木)発売

  〔チケット予約・購入〕東京・春・音楽祭

 〔主催〕東京・春・音楽祭実行委員会

 〔協力〕日本音響エンジニアリング株式会社 平尾リコーダー工房


Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。

上野にある東京都美術館では2017年1月21(土)~4月2日(日)まで、「ティツィアーノとヴェネツィア派展」が開催されます。これを記念した演奏会ということのようです。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(1488-1576) は、 ルネサンス時代15世紀から16世紀にかけて美術の黄金時代を迎えたヴェネツィアを、活動の拠点とした芸術家たち「ヴェネツィア派」をリードした人で、私が知っている絵はとても有名な「ウルビーノのヴィーナス」ですね。

今回の展覧会にこの絵が来るのかどうかは知りませんが。


ウルビーノのヴィーナスとオランピア

ティツィアーノ 「ウルビーノのヴィーナス」(右)と、マネ 「オランピア」(左)

(tomo)

季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • ジョーバン・バロック・アンサンブル 第18回演奏会 ご案内
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • ハンドベル教室 短期コース(3ヵ月)のご紹介
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006