tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

演奏会を開きましょう! (3) 会場探し

会場探し(場所、予約開始時期、座席数、費用、音響、舞台の広さなど)
演奏会あるいは発表会を開くときに、やろうという意思決定以外で一番早くやらなければならないことが、会場の予約ではないでしょうか。
演奏会場の選択時の検討項目としては、場所、予約開始時期、座席数、費用、音響、舞台の広さなどがあげられます。

〔場所〕
アマチュアグループなら、やはりメンバーのお知り合いが一番の聴衆となるので、会場も、地元がいいかある程度広域から聴衆が集まりやすいところがいいかは、自分のグループの人たちの住んでおられる地域がご近所なのか、広い範囲から集まっておられるかなどによるでしょう。

〔予約開始時期〕
大きな会場でやるときほど予約時期は早くなります。大きな会場だと最近は1年半前から予約開始です。
市民会館とかの中規模施設でも1年前くらいか短くて半年前からです。公民館クラスでも数ヶ月前からというところが多いのではないでしょうか。
公民館とかなら、ある程度演奏できる曲数が増えてから予約しても間に合うかもしれませんが、市民会館あたりでやるなら、演奏プログラムとかを決める前に、まず予約!ということになります。

〔座席数〕
リコーダーの演奏会ですから、あまり大きすぎると聞こえない可能性もあるので、グループの構成人数との兼ね合いでしょうか。メンバーが20人を超えるリコーダーオーケストラなら会場の席数は200500人くらいかな?
メンバーが5人なら、席数は50200人くらいまでの規模の会場が適当でしょうか。ただ、出演者の人数以外に、どれくらいの聴衆に来ていただけるかも重要。
閑散とした会場というのもさびしいので (^_^; 席数の3分の2くらい埋まっていれば、盛会に見えると思います。

〔費用〕
公民館などの小さな公共施設なら、午前リハーサル、午後本番というように2コマ借りて1万円~3万円まででしょうか。リハーサルは別の場所でやって、本番のみ会場を借りるなら1万円で済むかもしれません。
よくリコーダーコンサートが開かれるキリスト教会などをお借りするとしたら、午前、午後で3万~5万円というのが多いかもしれません。

公共施設でこじんまりするとしても、付帯設備(舞台のいすとか譜面台とか、もろもろ)も合わせて5万くらいまで考えておいた方がいいでしょう。私営のスタジオや小さなホールを借りるなら、10万円くらいまで。

もっと広い数百人規模だと、使用料は10万~20万円、最も高いところでは、使用料35万円、付帯設備使用料を合わせると、午前・午後で50万円くらいのところもあります。
費用については、立地、座席数、知名度などで変わりますので、ご自分のグループの人数、演奏曲の傾向などとの兼ね合いで考えることになると思います。

また、会場選択の直接の材料ではないかもしれませんが、費用の支払い時期にも注意が必要です。
予約時に半金、使用日ヵ月前に残り半金、付帯設備使用料は演奏会終了後精算など、会場によって支払い時期が違うので、お金の準備もそれに合わせる必要があります。
それと、会場費以外に、パンフレットなどを印刷するのか手作りするか、会場を花などで飾りつけるのかなどによっても費用が増えてくるため、このあたりも含めて総額として考えておく必要があります。

〔音響〕
音響を一番に考えたいという方もおられるかもしれませんが、小規模の施設ではあまり贅沢はいえません。
会場の事務所の方に、リコーダーで何人での演奏だけど、この会場ではどんな感じでしょうかなど、いろいろお話ししてみたり、ちょっと音を出させてもらうなどすれば、大まかな感じはわかります。
万全を期したいなら、その候補会場での他の演奏会を聴きに行ってみるのも一法です。
リコーダーの演奏会なら最も状況がわかります。

もうひとつは、費用が比較的安い場所なら、リハーサルやお試しで借りて、演奏してみるということもできるかもしれません。

〔舞台の広さ〕
演奏する場所と聴衆の席が同じ平場ならばあまり気にする必要はありませんが、大人数のグループでは舞台の広さも要注意。
逆に少人数だと、平場の会場の方が、聴衆との親近感や臨場感も出ていいかもしれません。

さて、ご自分達の演奏会のイメージがわいてきたでしょうか。
ホール探しについては、次のようなサイトがあります。地域、座席数等での検索もできるので、色々な条件で探すことができると思います。ただ、教会は出てなかったかも。
関東近辺の検索サイトが多くて済みません。

皆さんもお探しになって、いい検索サイトがあれば教えて頂けると幸いです。


 

劇場検索・ホール検索・会館検索(ホームメイト)  http://www.homemate-research-hall.com/

全国音楽ホール  http://tuhan-shop.net/classic/horu/ongaku-horu.html


コンサート会場座席表リンク集  http://www.zaseki.jp/
 

厳選サイト 演奏会会場 首都圏  http://www.so-bitte.info/link/special/specl_hall_metro_01.htm

 

首都圏の音楽ホール   http://www2b.biglobe.ne.jp/kondo/ongaku/hall-shutoken.htm

 

都内近郊の中・小コンサートホール等 http://raumusik.jimdo.com/

 

東京近郊音楽ホール一覧(席数順) http://home.u05.itscom.net/soujutei/hall.htm

 

都内 ホール http://www.zapmeta.jp/ws?q=%E9%83%BD%E5%86%85%20%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB&asid=zm_jp_gc4_05&mt=b&nw=g&de=c&ap=1o2

 

会場候補(2)~サロンコンサート会場 http://homepage3.nifty.com/ayanekai/5_1.htm


 

tomo

演奏会を開きましょう! (2) 演奏会予行演習

演奏会予行演習(地域の文化祭などに参加)

「演奏会を開きましょう!」の第1回目は、予行演習のように、とりあえず人前で演奏する機会を作ろうということです。
グループの単独演奏会を開くには、演奏に関すること以外の準備に相当な手間がかかりますが、その部分は何もしないか他の人に任せて、まず人前で演奏することだけやってしまおうと。

(a)
 いつも行きつけの喫茶店とかを、すいている時間帯に1時間だけ貸切りにできないか聞いてみませんか。
メンバーのほんとの身内だけのお楽しみ会あるいは発表会。特別何も準備せず、15分でも30分でも演奏して、身内の聴衆はその間コーヒーでも飲んでくつろぐ。ミニサロン?ってどんなのか知らないけど、そういう感じでできるといいかもしれません。

(b)
 いつも練習している公民館その他の施設で、春とか秋に地域の文化祭などをやっていないかたずねてみてください。
リコーダーのグループで、発表の場があれば参加してみたいと考えていると相談すれば、その施設だけでなく、同じ市内や区の施設も含めて紹介してくれるのではないでしょうか。こんな場を見つけて参加しているグループは比較的多いかもしれません。
このような文化祭などでは、複数のグループが集まってイベントを構成しているので、一つのグループの持ち時間は15分~長くて30分程度で、発表する曲数もそれほど多くなく、最初に人前に出るには比較的負担が少ないのではないでしょうか。

人前で演奏することは、いくら短くても目標ができて練習に力が入り、自分達だけで練習して楽しんでいるよりも、確実にステップアップできる機会になると思います。
まずは、身近な場所で、チャレンジしてみては?!


 

tomo

演奏会を開きましょう! (1)

演奏会や発表会ができないかと考えている方も多いと思います。
でも、どんなことを準備すればいいのか、何から手をつけていいのかがわからなくて、やりたいねぇって言っているところで止まっている方も結構おられるのではないでしょうか。

そこで、以前の経験から、演奏会までにはこんなことを準備しないといけないかな、ということを書いてみようかと思います。

地域の公民館などで開催される文化祭への参加に始まって、公民館を使った20~30分くらいのミニコンサートから、大きな会場を使った2時間近い演奏会まで、それぞれ準備することは違うかもしれませんが、参考ということで、楽しみとして、あるいは必要なところだけ読んでいただければと思います。
大胆にも、何回かに分けて書こうかなと思っています。(^_^;

小さなグループだと、先生がおられれば、その先生がすべてをアレンジしてくださることも多いでしょうが、そういうときでも、先生はこういうことをやっていただいているんだということで、いくらかでもお手伝いできるといいですね。

初回としては、どんな準備が必要か、その項目について、まず書きました。
それぞれの詳細は、今後分けて書いていきます。

(1)
 演奏会予行演習(地域の文化祭などに参加)
(2)
 会場探し(場所、席数、費用、音響、予約開始時期など)
(3)
 演奏時間・曲数、プログラムの方針
(4)
 演奏会までの作業スケジュール、必要な係は?
(5)
 役割について(必要な役割とその内容)、役割分担決定
(6)
 費用の調達(月会費からの積立て、演奏会参加費徴収など)
(7)
 広報について(チラシ・チケット・パンフレットの原稿作成・印刷、
   案内状・招待状文案、案内状リスト、
   楽器店へのチラシ配布、知人へのチラシ配布、メールでの案内)
(8)
 具体的なプログラム・演奏時間、ホールとの打合せ、著作権のこと
(9)
 当日のためのその他の準備(受付、衣装、食事、アンケート、
   写真・記念撮影、お手伝い・お礼、花束など)
(10)
 その他


 

tomo

合宿の勧め

もう少しすると、だんだん演奏会や発表会シーズンが近づいてきて、合宿やってみたいね、という方もおられるのではないでしょうか。
一方で、1日中あるいは日間笛三昧という経験をしてみたいけど、なんとなく実行に移せないという方々もおられるでしょう。

リコーダーのグループは女性が多いので、合宿場所探しとかより、おうちを空けられるようにすることが大変という方は、まず日程調整からかもしれませんね。
そんなに手間のかかることでもないので、ぜひ合宿をやって、「笛三昧」を楽しんでください。

とりあえず、日程の決定と宿泊施設(練習もできるところ)の予約ができればそれで合宿はできます。
宿泊しなくても、丸々1日練習できる場所さえ確保できれば、日帰り合宿?として、普段の短い練習よりも充実した時間がすごせると思います。
先生がおられるなら、まず先生にご相談されるのがいいかもしれません。

(1)
 近場の練習場を1日借りて練習する。
   いま使っている練習場を1日借りられないでしょうか。
   公民館なんかで、部屋が途中で変わっても問題ないですよね。
   朝から練習、お昼をわいわい食べて、また夕方まで練習。
   これだけでも合宿気分になれそうです。

   夜も練習したら、もっと充実ですが、疲れます(^_^; 
   それと、長時間吹き続けるので、笛が大丈夫か、別の大きさの
   笛や、代えのプラ管でもあれば大丈夫ですね。

(2)
 ちょっと遠出で旅行気分。宿泊練習
   練習場がある宿泊施設はなかなか探しにくいかもしれません。
   郊外の公共施設が最も可能性が高くて、費用も割安だと思います。
   費用を気にしないなら、民宿やペンションでも相談次第で合宿は
   できるかもしれませんね。
   公共施設、私もよく知りませんが、大きなところをいくつかあげて
   おきます。
   ご自分達の活動場所の近くの公共施設をいろいろ探してみられれ
   ばいいと思います。

オリンピック記念青少年総合センター
 (〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1 TEL 03-3469-2525
  
http://nyc.niye.go.jp/

藤野芸術の家
 (〒229-0206 神奈川県相模原市藤野町牧野4819 
   TEL 042-689-3030
  
http://www.fujino-art.jp/

つくば 豊里ゆかりの森
 (〒300-2633 茨城県つくば市遠東661  TEL 029-847-5061
  
http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/2117/004801.html


埼玉県県民活動総合センター

 (〒362-0812埼玉県伊奈町内宿台6-26  TEL 048-728-7111

  http://www.kenkatsu.or.jp/


インターネットが使えるなら、キーワードとして地名(埼玉、千葉など)と「研修施設」で検索すると探しやすいかもしれません。
研修施設といっても音楽やスポーツの施設が出てくるので。

公共じゃないところならこういうページもあります。
  
http://www.tabiplan.co.jp/area/index.htm


 

tomo

楽譜づくりはソフト?手書き? (五線紙)

新曲をやるときなど、声部数を変えたりということがあるので、楽譜作成ソフトの話が出たりします。
楽譜はきれいに印刷されたものだとうれしい、アンサンブル用の楽譜とかパート譜も印刷されたものの方が見やすいというのは当たり前かもしれません。
最近は、リコーダーについても、自分達で使うために作った楽譜をネットで公開していただいてる方も増えて、とてもありがたく使わせていただいています。

楽譜作成ソフトのフィナーレ、アレグロ、プリントミュージックなどを使われている方も多いと思いますが、これらのソフトは6万円~1万円くらい?(最近の相場を知りません)で、フィナーレの方が高くても使いやすいらしいです。
プリントミュージックくらいなら手が届くかもと、一時検討してみたことがありましたが、私の場合は結局楽譜を書く頻度がそれほど多くないのですね。
それに、あまり人に配ることがない私だと、少しなら手で書いた方が早いし・・・(^_^;


昔入っていたリコオケのある人は、印刷された楽譜をすべて演奏会用に自分の手で書き直しているそうです。
譜めくりの場所とかを調整できるとか、手書きしながら曲想や注意すべきところを再確認できるという効用もあるのでしょうね。


音楽ノートや五線紙を買おうと近所の楽器店へ行ってもサイズや幅など好みのものがなかなかなくて探したところ、いろんな五線紙をpdfでダウンロードできるところがありました。
ちょこちょこっと使うにはこれでいいかもしれません。

五線紙   http://www.geocities.jp/mamopage/download.html


 

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • 宮地楽器リコーダーフェア
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006