★ ブランル (フランスbranle

15~17世紀にフランスで流行した舞曲および、そのステップ。
ゆっくりとした2拍子と、速い3拍子の2種がある。

ブランルは、16世紀前後のヨーロッパ、特にフランスを中心に普及した集団舞踊およびその舞曲である。
語源は仏語で「揺れる」を意味するbranlerとされる。もともとは庶民が野外で踊っていたものをバス・ダンスのステップの一つとして取り入れたものだが、後に単独の舞踊となった。

基本は男女のペアが輪になって踊る輪舞の一種であり、陽気なステップが中心となっている。
何組もの男女のペアが手をつないで、円形又は1ヵ所だけ切り離された円形で、ステップを踏みながら左方向へ進んでいくもの。
パヴァーヌやバス・ダンスのような洗練さは乏しく、やや田舎じみた踊りとも評されるが、気軽にはしゃげる踊りとして、あまり格式ばらない祝祭時を中心に、身分の上下にかかわらず広く楽しまれた。

例えば、1曲が終わるごとに次第に若いペアに踊り手が交代していくことで、世代の違いを超えて同じ舞踊を楽しめたことも、この舞踊が親しまれる一因となった。また、小道具を使って踊り、それを手渡すことで自分の思いを相手に伝えるといった趣向も盛んだったようで、「たいまつのブランル」など現在に伝わっている楽曲もある。

バロック時代に入っても宮廷の舞踏会のオープニングはブランルであったようだが、ルネサンス時代の形態は踏襲されながらも、ステップは少しずつ変化していった。

楽曲は17世紀初頭にミヒャエル・プレトリウスが編纂した「テルプシコーレ」などに多数収録されている。
また、
リコーダーアンサンブルなどのレパートリーとして様々な編曲がなされており、広く親しまれている。


(バス・ダンス)
バス・ダンスは男女が一組になって踊るダンス。16世紀の終わりには、もう一つの典型的な踊り、パヴァーヌはまだまだ踊られていたが、バス・ダンスはほとんど廃れてしまっていたらしい。
オルケゾグラフィの著者アルボーは「このダンスは40~50年ぐらい前には盛んに踊られていたのが、残念ながら今は、ほとんど顧みられなくなってしまった。しかし大変上品なダンスなので、取り上げたい」と書いているそうです。


 

tomo