プラセボ第4回定期演奏会の報告第2弾です。

ノーの9つの管楽器のための小交響曲です。

Youtubeにアップロードしたので、聴いてください。

9声の曲を、リコーダー SAATTB の6声に編曲したものです。

Gounod
Petite Symphonie pour 9 instruments à vent
  
Adagio - Allegretto / Andante Cantabile / Scherzo / Finale 



今回のコンサートはさいたま芸術劇場の小ホールでした。

YouTubeに投稿しここに載せた録音は、ZOOMのハンディ ビデオ レコーダーQ2 というのを使ったものです。

これを聞くと、各パートを明確に区別して聞くことができ、逆に一つの音としてはまとまりにくいようにも感じました。

私はバスを吹きましたが、録音で聞くと微妙に音程がずれているように感じる部分もあり、実際に演奏中よりも音が少し希薄な感じもしました。

録音は別のICレコーダーでも撮っていましたが、そちらの方が音量が大きめで、上のQ2よりは希薄な感じは少ないように思いました。

それでも、このホールが本来は演劇用に作られたホールで、肉声のセリフが明確に聞こえるような設定なのかなと思ったりもします。
個々のパートは明確に聞こえるために、アラも目立ちやすいのかも。緻密な演奏が求められるのかもしれません。

 

tomo