では、7年くらいの水美会展のうち、まだ最初の頃、へたくそで、絵も小さかったころのものから。

2006年です。 ギャラリーの雰囲気もみてください。

絵は拡大してみることもできます。

06-01アーチ 
06-01アーチ

     初めてスケッチして描いた絵です。
     その後もスケッチはほとんどしてないので貴重かも。



06-02 東京駅
06-02 東京駅

   
     「アーチ」を描いた東京駅。生まれ変わる姿が楽しみでした。

     新しく(古いたたずまい)になった東京駅はまだ描いていません。




06-03 スケッチ風景
06-03 スケッチ風景



06-04 夕景(コントラスト)
06-04 夕景(コントラスト)


観光パンフレットか何かの、アフリカの夕景の写真をみて描いた絵です。夕日の明るさと森の暗さのコントラストがテーマですが、夕日の部分は紙の白で色はのせていません。
森もただ黒というのではなく青や赤を流し込んでいます。中央の雲の色もなかなかうまくいったかなと思います。




06-05 習作(トルコキキョウ)
06-05 習作(トルコキキョウ)


トルコキキョウの花言葉は希望。

もう亡くなりましたが姉が病床にあったときに贈り、今、この絵は姉の家にあります。




06-06 水美会展2006
06-06 水美会展2006


九段下駅のすぐ上にある千代田区の社会教育会館2Fのギャラリーです。



06-07 水美会展2006
06-07 水美会展2006

このとき出品した3枚です。どれも小さな絵です。




06-08 アーチ
06-08 アーチ
額に入るとよく見えるでしょ? 馬子にも衣装 (^^




06-09 夕景(コントラスト)
06-09 夕景(コントラスト)



06-11習作(トルコキキョウ)
06-10 習作(トルコキキョウ)




06-20習作(文化祭)
06-11 花 (文化祭)


秋の千代田区文化祭出品。外国作家のレクチャー本の模写です。前の絵より2まわりくらい大きいです。




06-21習作(文化祭)
06-12  花  (文化祭)

額縁に入れずピンでとめるだけの展示の仕方もあります。





水彩画 ブログランキングへ  

(tomo)