tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

  ☆ 閑話休題 関連グッヅ

指掛けカバー2

前にもご紹介した指掛け部のカバーです。
キュングのバスの指掛け部分はとても小さくて、しばらく吹いていると右手親指が痛くなります。

ヤマハのクラリネット用の指掛けカバーを購入しました。
下の写真のように、指掛け部分の外側が少しふくらんでいて、親指が滑りにくくなっています。


バスリコ指かけカバーその2-1

バスリコ指かけカバーその2-2

大きさも大きすぎず、最初のうちは使用中に外れることもなく、なかなか使い勝手がよかったのですが、このところよく外れるようになったので、糸で巻いたりしています。
木工ボンドでつけてみようかとも思っています。


 


tomo

指かけについて(報告)

今日は、先日書いた自作指かけについてご報告します。

ちょっと小さくしようとしすぎたかもしれません。それと、フェルトでは滑りやすいようですので、ゴムとかコルクに変えた方がいいかなとも思います。
では、どんな感じかは下をご覧ください。


材料は10mm角のバルサ材です。90cmで80円ちょっと。

それを2cmほどの長さに切ります。柔らかいのでカッターナイフで切れます。

アルト指かけ3

アルト指かけ4


このおよそ20mm×10mm×10mm の木切れをカッターナイフで少しずつ削り、この形にしました。
このあと、写真の底面(笛に接するところ)は、笛のカーブに合わせて丸い彫刻刀で削り、合わせます。

アルト指かけ5


アルト指かけ6


色を塗って、フェルトを貼って、笛に木工ボンドで取り付けました。

アルト指かけ7


アルト指かけ8


以前ヤマハで買った上側の指かけと比べると、高さが低い(右手親指に乗る部分が小さい)。市販品が大きすぎるような気がしたので小さく作ったのですが、もう少し大きくてもよかったかも。
両面テープの適当なものがなかったので、木工ボンドでつけてしまいました。
水につけて少しふやかせば、はずすこともできるだろう? と思いますが、とりあえずフェルトを他のものに変えてみようかと思っています。

製作時間は、材料がそろっていれば30分くらいかな。
バルサ材1本が80円ちょっとだったので、使ったバルサ材は1個分で5円くらいでしょうか (^^


 

tomo

指かけについて


しばらく前に竹山かえでのバロックピッチを購入したお話を書きましたが、それを吹いていて、指かけが欲しくなったので、木製の指かけを購入しようと、先日、新装成った銀座ヤマハに出かけたことがありました。
ところが、その指かけ製作者の方が体を壊されて、品物が入ってこず、既に1年くらい待っている方もおられるということで驚きました。

アルト指かけ1 アルト指かけ2



別の笛でこの指かけを使っているので、こうなったら自分で作るのが早いかなと思っています。
バルサ材か桐のような軽い木を使って、カーブはノギスで実際の笛を測って彫刻刀で削り、色は墨を薄めるか絵の具で塗って洗い、指の当たる面はコルクがなくてもフェルトとか適当なものを貼れば、そんなに作るのは難しくないような気がしています。

一番気になるのが両面テープ。強力すぎると二度とはがれないか、元の塗料もはがしてしまいそうだし、ちょうどいい両面テープが見つけられるかが問題。弱い目くらいを選んで、時々貼りなおすことになるかも。

また、ご報告したいと思います。


 

tomo

バスリコ用ペグ No.2

先日、バスリコ用のペグをご紹介しました。
バスフルート用のもので、高さも簡単に変えられて、座っても立っても演奏できるというものでした。

下の写真は、前に所属した柏アーリー・リコーダー・コンソート(KERC)メンバーのお一人が作成されたリコーダーペグです。
以前にも木を加工してリコーダーを挟むものを作られており、2作目とのことでした。


バスリコ用ペグその2-1 バスリコ用ペグその2-2


水道工事用の金具を加工したものですが、サイズのちょうどいいのが見つからなかったとのことで、革をぐるぐるまいてから金具を取り付けられています。
軽くて安価とのこと。寸法の合う材料をうまく見つけられれば、とてもいいかもしれませんね。

  
 

tomo

バスリコの指掛けカバー

以前に、所属アンサンブルの枠を超えた集まりで吹き初め会をやったときに、旧知の女性がバスリコーダーを吹いていたのですが、その人のバスリコーダーの指掛けに、写真のようなゴムカバーが付いていました。

バスリコ指かけカバー1

聞いてみると、クラリネットの指掛けのカバーだということでした。
その一部をカットして、バスリコーダーの指掛けにかぶせるととても具合がいいとのこと。

バスリコ指かけカバー2  バスリコ指かけカバー3



銀座山野楽器でバロックピッチのリコーダーを購入したときに、管楽器フロアのチーフの F さんにおたずねしてみたら、自分の持っているものをあげるといって、無料でいただいてしまいました。ラッキー!!
F さんはクラリネットを長年やっておられて、これをメーカーからたくさんもらっているが使わないのでとのこと。
決して店の商品ではないので、念のため (^^ゞ

私のバスは全音の桜材の楽器とキュングのこれも桜材の楽器で、指掛けの大きさも異なりますが、このカバーはサイズの違うものが数種類あって、数百円くらいのものらしいので、それぞれの楽器に合うものがありそうです。


バスにはもともと指掛けが付いていて、指が当たる下側に薄いコルクが貼られていますが、長時間吹いていると、重みで右親指がへこんで痛くなってきたりします。
このゴムカバーを使ってみると、あたりが柔らかいので、なかなか具合がよさそうです。
バスを担当していて、指が痛くなることがある方は、試してみられればどうでしょうか。


 

tomo

季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • ジョーバン・バロック・アンサンブル 第18回演奏会 ご案内
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • ハンドベル教室 短期コース(3ヵ月)のご紹介
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006