tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

  ☆ 舞曲・バロックダンス

バロックダンスと放送大学

このブログで、バロックダンスのDVDの紹介を2つ書いていますが、そこに出てくるバロックダンスの第一人者 浜中康子先生のダンス実習を受けられる授業が、放送大学の面接授業(スクーリング)にあるのです。

 

土曜日、日曜日で4日間、約一月かかります。

14時~17時くらいまでなので、3時間×4日間です。

受講する方としては日数が少ない方が受けやすいのですが、ダンス実習ということで、あまり長時間はできないということもあるかもしれませんね。

 

幕張にある放送大学千葉学習センターというところで受けられます。

この4日間全部で、何と5500円しか費用がかかりません。もちろん放送大学の在学生ならば、ですが。

1年に1回くらいしか開催されませんので、受講したくてもこれまでうまく日程が合いませんでした。

 

 

授業のシラバスなどをホームページから転載します。

 

バロックダンスと舞曲への誘い

 

担当講師   浜中 康子 (国立音楽大学非常勤講師)

         伊藤 誠   (埼玉大学教育学部教授)   
            伊藤先生は、同じDVDで、バロックバイオリンを弾いておられます。
 

【授業内容】

バレエや社交ダンスのルーツであり、舞曲のリズムの源泉を見出すことのできるバロック時代の宮廷舞踏・・・バロックダンスは、まさに総合的な表現芸術です。楽器の歴史や歴史的背景を学習するとともに、ダンスのステップを通してバロック舞曲の本質的なリズムを体験し、音楽への新たなアプローチを実践したいと思います。
最終回はモーツァルトの舞曲なども取り上げて、演奏に合わせて舞踏会を開きます。

 

【授業テーマ】

 

第1回 バロック舞曲について(浜中、伊藤)

第2回 バロックダンスの基本的なテクニック(浜中)

第3回 ダンス実習(1)(メヌエット、ガヴォットを中心に)(浜中)

第4回 バロック時代の舞踏譜について(浜中、伊藤)

第5回 ヴァイオリンの歴史について(伊藤)

第6回 ダンス実習(2)(舞踏譜の振付作品にチャレンジ)(浜中、伊藤)

第7回 ダンス実習(3)(メヌエット、ガヴォット、モーツァルトの舞曲)(浜中)

第8回 舞踏会を開こう(演奏とともに)(浜中、伊藤)

 

【学生へのメッセージ】

 毎回の授業でダンス実習を行いますので、動きやすい服装(ひざの曲げ伸ばしが楽にできるパンツ、スカート)で受講して下さい。ジャンルは問わず、今までにダンスの経験がない方、そして男性の方もぜひチャレンジして履修して下さい。

 

【受講者が当日用意するもの】

 靴底の柔らかいシューズ(背伸びしてもかかとが脱げないもの)、筆記用具

  

成績評価の方法

成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。

  

教科書  授業当日にプリントを配付します。  

定員 30

参考書  栄華のバロックダンスー舞踏譜に舞曲のルーツを求めて(浜中康子/音楽之友社/4,104/ISBN=9784276250802) 

栄華のバロックダンス表紙


(参考書はこれまで受けた他の授業で使ったことはありませんでした。受講までに図書館などで借りて目を通しておければいいかも、という感じ。

ちなみに、上に記載した「栄華のバロックダンス」という本は定価4000円を超えますが、アマゾンの中古本で1000円ちょっとで出ていました。)


 

(tomo)

バロックダンス DVD第2弾

現代のバレエや社交ダンスの元となっているバロックダンスのDVDのご紹介です。
以前このブログでバロックダンスのDVDを紹介したので、先生から、こういうのもあるよとご紹介いただきました。

プロのリコーダー演奏家の先生達にも、舞曲演奏などのためにバロックダンスを勉強されている方はたくさんおられるようです。

残念ながら、当時のダンスは踊り継がれることなく既に失われ、舞踏譜(ステップを示した図)などの資料が残るのみです。
今日のバロックダンスは研究に基づくリコンストラクション(再構築。推測による再現)であり、これを経て、このDVDのような、より自由なクリエイション(創作)が行われているとのこと。



舞曲1


DVDでは、舞踏会を開くことを許されている貴族夫妻が4つの国(仏、英、独、伊)を旅して舞踏会で踊る場面として、各国のダンスの傾向などを紹介しています。

4つの場面は、大まかにいうと,最初の「フランス」でのダンスはリコンストラクションによるもの、他の国の3場面は主にクリエイションによるもので、バロック往時のダンスを想像するには第1場の「フランス」が適当なよう。


「フランス」では、優雅な所作で広間に入る様子、お辞儀の仕方、踊りに誘う作法など、いずれも当時の記述を下敷きにしたもので、ルイ14世時代の宮廷舞踏会を髣髴させる場面作りとのこと。

そういえば、踊っているダンサー達が互いに視線を交わしたり、人の踊り、振舞いを注視している様子がよくわかる演出となっていました。
また、踊りだけでなく、ダンス公演の際のバロックバイオリンやチェンバロなどの演奏の様子なども収録されています。

以下は、DVDの記載から転記

■フランス <宮廷舞踏会、あることと見えること>
 音楽:カンプラ、フィリドール、デトゥーシュ、リュリのオペラ、バレエより抜粋
 振付:18世紀、舞踏の巨匠クペール、フイエによる振付
 10曲

■イングランド <愛と嫉妬、ドラマの行方>
 音楽:歌劇「預言者、またはダイオクリージャンの物語」Z.627より
 作曲:ヘンリー・パーセル
 振付:マリー=ジュヌヴィエーヴ・マッセ
 10曲

ドイツ <古城の夜、ノスタルジー>
 音楽:2つのヴァイオリンのためのソナタ第2番 ホ短調
 作曲:ヨハン・ローゼンミュラー
 振付:マリー=ジュヌヴィエーヴ・マッセ
 6曲

■イタリア <ヴェニスのカーニヴァル>
 音楽:ヴァイオリンとリュートのための協奏曲 ニ短調 RV.540
    リュート、ヴァイオリンと通奏低音のためのトリオ ト短調 RV.85
 作曲:アントニオ・ヴィヴァルディ
 振付:マリー=ジュヌヴィエーヴ・マッセ
 7曲


 

(tomo)

バロックダンスのDVD

舞曲についてこのブログで色々と書いていたときに、「DVDも見てください」と題して、DVD「フランス宮廷の華 バロック・ダンスへの招待 舞曲のルーツをさぐる」  浜中康子 監修・解説についても書いたことがありました。

舞曲2

                            

以前の記事 舞曲について (4) DVDも見てください

そのDVDをお借りして見せていただくことができました。


なんと表現していいのか・・・
もともと貴族的な要素を多く含むから当然なのかもしれませんが、その動きの独特さ、気品に魅了されました。
私がそのダンスに感じたことを書いてみると、次のような感じです。
言いたいことがちゃんと伝えられるか、なんとも心もとないのですが。

・片足が浮いたまま、かかととかかとを合わせる特徴的な動き
・軽やかな動きとしなやかな着地、ひざをスーッと沈ませて終息する
 (まとまる)

・動きは大きくはなく、跳躍も抑制されて激しくない
・全体に角の取れた流れ


これまで「舞曲」というとはっきりしたリズムとアクセントなどを意識していましたが、このバロックダンスのDVDをみたら、もう少し抑制された中にも進んでいく力のようなも、切れ目のない流れのようなものも意識した方がいいのかな、なんて思いました。

紹介されているダンス。
ブレ
ガヴォット
メヌエット
アルマンド
クーラント(フレンチクーラント、イタリアンコレンテ)
サラバンド、フォリア
ジーグ



 

tomo

舞曲について (10) シチリアーナ

★ シチリアーナ (シチリアーノ)

レスピーギのシチリアーナはリコオケで、バッハのシチリアーナはソロで吹いたことがあります。
両方ともとても好きな曲の一つです。


シチリアーナ(イタリア語:siciliana)とは、
ルネサンス音楽末期から初期バロック音楽に遡る舞曲の一つ。
ゆるやかな8分の6拍子か8分の12拍子で作曲され、ためらいがちにたゆとう曲想と付点リズムが特徴的で、通常は短調(もしくは自然短音階)をとる。


器楽曲の楽章として利用されただけでなく、オペラ・アリアにも応用されている。シチリアーナは、おそらく「シチリア舞曲 danza siciliana」ないしは「シチリア風に A la Siciliana」に由来する女性名詞であるが、男性名詞であるシチリアーノ(siciliano)や、フランス語の女性名詞シシリエンヌ(Sicilienne)も用語法として定着している。

古い時代のシチリアーナとして最も有名なのは、20世紀にレスピーギによって《リュートのための古風な舞曲とアリア》第3組曲の第3曲として弦楽合奏用に編曲された、16世紀イタリアの作者不詳のリュート曲であろう。
バロック時代の有名なシチリアーナには、ヘンデルの《リコーダー・ソナタ ヘ長調》HWV369の第3楽章(ニ短調)や、伝バッハ(偽作)の《フルート・ソナタ 変ホ長調》BWV1031の中間楽章(ト短調)が挙げられる。


 

tomo

舞曲について (9) ブランル

★ ブランル (フランスbranle

15~17世紀にフランスで流行した舞曲および、そのステップ。
ゆっくりとした2拍子と、速い3拍子の2種がある。

ブランルは、16世紀前後のヨーロッパ、特にフランスを中心に普及した集団舞踊およびその舞曲である。
語源は仏語で「揺れる」を意味するbranlerとされる。もともとは庶民が野外で踊っていたものをバス・ダンスのステップの一つとして取り入れたものだが、後に単独の舞踊となった。

基本は男女のペアが輪になって踊る輪舞の一種であり、陽気なステップが中心となっている。
何組もの男女のペアが手をつないで、円形又は1ヵ所だけ切り離された円形で、ステップを踏みながら左方向へ進んでいくもの。
パヴァーヌやバス・ダンスのような洗練さは乏しく、やや田舎じみた踊りとも評されるが、気軽にはしゃげる踊りとして、あまり格式ばらない祝祭時を中心に、身分の上下にかかわらず広く楽しまれた。

例えば、1曲が終わるごとに次第に若いペアに踊り手が交代していくことで、世代の違いを超えて同じ舞踊を楽しめたことも、この舞踊が親しまれる一因となった。また、小道具を使って踊り、それを手渡すことで自分の思いを相手に伝えるといった趣向も盛んだったようで、「たいまつのブランル」など現在に伝わっている楽曲もある。

バロック時代に入っても宮廷の舞踏会のオープニングはブランルであったようだが、ルネサンス時代の形態は踏襲されながらも、ステップは少しずつ変化していった。

楽曲は17世紀初頭にミヒャエル・プレトリウスが編纂した「テルプシコーレ」などに多数収録されている。
また、
リコーダーアンサンブルなどのレパートリーとして様々な編曲がなされており、広く親しまれている。


(バス・ダンス)
バス・ダンスは男女が一組になって踊るダンス。16世紀の終わりには、もう一つの典型的な踊り、パヴァーヌはまだまだ踊られていたが、バス・ダンスはほとんど廃れてしまっていたらしい。
オルケゾグラフィの著者アルボーは「このダンスは40~50年ぐらい前には盛んに踊られていたのが、残念ながら今は、ほとんど顧みられなくなってしまった。しかし大変上品なダンスなので、取り上げたい」と書いているそうです。


 

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006