tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

【気になること】

小学校での「くすりの教育」について

薬の適正使用協議会は322日、小学校学習指導要領案に対して「薬の教育」追加を要望するパブリックコメントを文部科学省に提出したと発表したとのこと。

小学生のうちから薬を服用することがあり、正しく使用するためにも、「医薬品の役割」として、5~6年生を対象に指導しようということらしいです。

すでに高校や中学校の学習指導要領にはくすりの教育が盛り込まれており、保健体育の授業にて医薬品について学ぶ機会を設けているそうですが、高校で扱う内容が多岐にわたり、早期からの薬の教育も重要であることから、今回のパブコメ(注)提出に至ったとのこと。

指導要領案は3年後にまとめられ、20年から施行予定だそうです。

高校で一度にたくさん学ぶより、分散して早い時期からやる方がいいということのようですが、最近は小学生にも覚せい剤が広まっているという話も聞くくらいですから、薬の怖さや副作用、もちろん有効性について自分で調べたりできるようになるといいですね。

(注)
パブリックコメント
(英: Public Comment):ウィキペディアから引用

公的な機関が規則あるいは命令などの類のものを制定しようとするときに、広く公に(=パブリック)に、意見・情報・改善案など(=コメント)を求める手続をいう(意見公募手続、意見提出制度)。
公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すものである。通称パブコメ


tomo

国家試験合格率について

厚生労働省から今年の薬剤師国家試験の結果が発表されました。

受験者数1万3243人に対し、合格者数は9479人で,合格率は前年からマイナス5.27%の71.58%となったそうです。

うち、6年制新卒者の合格は7052人で合格率は85.06%、6年制既卒者は2295人で50.83%。

合格率の低下は既卒者の受験者が増えたことなどが影響しているとし、全体として波乱のない「穏当な結果だった」との厚生労働省の弁。

大学別合格率は、国立大が前回並みの84.38%、公立大も概ね前回並みの83.69%、私大がマイナス5.67%の70.64%だったそうです。

私大では依然として「出願していながら受験しない」学生が多くみられており、合格率を引き上げるために「出願者のうち合格が見込めない学生に受験させない」といった“合格率ロンダリング”が行われている可能性が示唆されているとのこと。


以前に国家試験について書いた記事↓
大学、専門学校の宣伝する国家試験の合格率って、うさんくさいかも (@_@;)

  

tomo

糖尿病に睡眠薬? NHK「ガッテン!」

ずいぶん長くブログを書いていませんでした。

あと3ヵ月ほどで定年退職になります。
今いる会社の再雇用もあるのですが、いま再就職のための職探しや面接を受けています。
また、娘が下宿をすることになり、その引っ越し準備もあって忙しくしています。
もうしばらく、ブログを書くのも遅くなるかもしれません。


さて、薬業界の日刊新聞の2月24日の記事です。

2月22日放送の「ガッテン!」で、不眠治療薬の「オレキシン受容体拮抗薬」が糖尿病患者の「血糖値を下げる」「発症予防になる」と放送されたことで、興味を持った患者さんが薬局や医療機関に押しかける騒動が起きているそうです。
テレビをご覧になった方もおられるかもしれませんね。

 

同剤の使用で、熟睡時に出る脳波「デルタ波」の量を増やし、結果として血糖改善効果につながることを専門医が解説されたそうです。

しかし、上記の不眠治療薬を糖尿病の適応で処方するのは当然「適応外使用」(効能に書かれていない疾患に使用すること)となるほか、番組内で「新薬だから安全性が高い」といった発言があったらしく、医師、薬剤師等の医療関係者が問題視してネット上で反論する事態になっているとのこと。

 

医師の間で、まだ効能が認められていない使い方をする「適応外使用」はそれほどまれなことではなく、その後論文などが出されて多くの医師がその使い方をするようになると、臨床試験を行って申請し、効能を追加するということはよくあります。

ただ、医薬品の効能を追加するための手続きが行われていないものを、テレビ等で広めてしまうのはいかがなものかと思います。個人的には「デルタ波うんぬん」というのはあまり信用できません。

また「新薬だから安全」というのはまったく根拠がなく、一定数の重篤な副作用が報告されているとのこと。それだけに、番組内容が「あまりにも安易。患者をよからぬ方向に誘導しかねない」「誇張が著しい」と医療関係者の不評を買っているそうです。

 

テレビを見た糖尿病患者から薬局に「NHKで紹介していた薬を飲んでみたい」との申し出もあるようで、薬剤師としては適応外使用となることもあり、「主治医に相談を」と対応したようです。

この薬のメーカーは番組内容に関与しておらず、糖尿病治療薬ではないため、医師に相談をとコメントしているとのこと。

 

食品ではテレビで「健康によい」と放送されると、スーパーからその食品が消えるという現象はよくあることだと思います。
「ガッテン!」は私も結構見たりしますが、薬は作用が強いものなので、適応外使用はあまり安易に考えない方がいいですね。

(tomo)

がん根本治療の実用化、2030年にめど

薬業界の新聞に掲載された記事です。

高齢化に伴う医療費の拡大とその抑制など、今後どんどん医療が大変になるというところへ、こういうお話が聞けると、少し明るい気持ちになれますね。


Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。
 

三菱総合研究所は、ライフサイエンスの進歩が2030年の日本の医療にどのような影響を与えるかを試算したリポートをまとめた。

人工知能やロボットなどの新技術の導入で、新薬開発や創薬開発の効率化が進み、アルツハイマー病の発症年齢が平均で5年程度遅くなるとしたほか、大腸がんなどの主要ながんの早期発見・治癒率が2~5割に達するとした。

がんの供給源となるがん幹細胞の阻害薬の開発も進み、がん根本治療の実用化にめどがつくとも見通している。新技術の導入は医療費の削減にも効果があると指摘した。

リポートは注目すべき分野として「認知症」「がん」「循環器系疾患」「運動機能障害」「老化コントロール」の5分野を挙げた。


Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。Oo。

 

tomo

健康食品って効くの? 番外  「水素水」は健康効果なし!!

「健康にいい」と以前からブームとなっていた水素水。その真偽のほどが以前から疑問視されていましたが、国民生活センターが業者に改善を求めました

 

 

ボトル入りの水素水や、水道水から水素水をつくることのできる機械がよく売れていると聞いたことがあります。

機械で水道水を電気分解して水素を発生させることで、老化やさまざまな病気の根源とされている活性酸素の一種であるヒドロキシラジカルという物質を抑制する水ができるというもの。

 

このような機器の業者のホームページでは、活性酸素が悪いということが執拗に強調されており、また、医師などの専門家のコメントを記載していることも多くユーザーの心配を煽っています。一方で、水素水を飲んでいる人の「なんとなく調子がよくなった」というような抽象的なコメントが多数掲載されています。

 

そんな水素水について3月には、国民生活センターは「飲用による効果を表したものではありません」と指摘して、消費者に注意を呼びかけていました。

機械を通して得られる水は、あくまでもその水の中の活性酸素を抑制するにすぎず、示されているデータは人体に対する効果・効能を表すものではないということです。

つまり、機械によって生成された水素水は、活性酸素が抑制されたものであるということは事実ですが、それを飲んだからといって体から活性酸素が抑制されるわけではなく、健康になるわけでもないということ。

 「がんに効く」などとうたって水素水を販売した業者に対して商品の効能に関する不実告知(実際は認められていないのに告知すること)などを理由に一部業務停止命令を出していました。

 

 

さらに、12月15日に、「水素水」やその生成器の一部の商品で、ホームページ等で健康効果をうたうものがあり、健康増進法や景品表示法に抵触する恐れがあるとして、国民生活センターが業者に文言の改善を要望したと発表されました。

 

国民生活センターは、販売されているボトル入りの水素水10製品と、生成器9製品の計19製品について、表示や広告、実際の商品に含まれる水素濃度を調査した結果、13製品でホームページなどに水素水に期待されている効能・効果に関する記載があり、中には「様々な病気の原因といわれる悪玉活性酸素を無害化する」「アトピーに、かゆい部分に水素水をつけて下さい」など、体に効能があると受け取れる表現のもあったとのこと。

特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品であれば、体への効能・効果を表示できますが、これまで水素水で許可、届け出されたものはありません。

国民生活センターは、業者に対してこうした表示が景品表示法などに抵触する可能性があるとして表示の改善を求めるとともに、行政に対して業者を指導するよう求めています。


健康によいものとして、水もいろいろなうたい文句のものが出ていますが、はやりものはちょっと様子を見てからでも遅くないのかも。

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • 宮地楽器リコーダーフェア
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006