tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

【気になること】

康食品って効くの? (3)

トクホ、栄養機能食品、機能性表示食品は効くのか、ということを書きかけていましたが、12月初めに仕事で行ったある講習会で、ちょうど健康食品についての説明もありましたので、トピックスとして概略を書いてみました。

 

この表は、厚生労働省が製薬企業向けに行った講習会において、厚生労働省の監視指導・麻薬対策課という部署が説明に使ったスライド資料です。(赤枠は筆者が加筆。クリックすれば拡大できます)

無許可医薬品等発見数


無許可医薬品として違反が発見された医薬品等のうち、半数以上が健康食品関係のものです。薬機法の違反事例は、医薬品よりも健康食品の方が多いのです。

 

違反の内容では、健康食品にもかかわらず薬効を標ぼうして売られていたものがほとんどです。

残りの少しの例では、食品に入っていてはいけない医薬品成分(医薬品専用の成分)が健康食品に含まれていたというものです。

 

 

例えば「いわゆる健康食品」で、インターネット上の個人輸入サイト等で販売されていたものを購入して試験したところ、医薬品の成分が検出されたというものについて、以下のように説明されています。

通販製品買い上げ調査


シブトラミンというのは、外国では肥満治療薬として販売されています。日本では以前、製薬会社から医薬品製造販売承認が申請されましたが、承認されませんでした。

この成分は中枢神経系に作用することと、高血圧等の循環器系に関連する有害事象が発現する可能性があること安易な服用および過量投与は避けるべきとされています。

 

こういった成分が食品に添加されて健康食品として売られていたのです。

医薬品成分ですから効果があるのが普通で、これを添加することにより他の健康食品よりも効果をアピールして売ろうとしたのでしょう。

こういうことを知らずに使っていて健康被害にあった例もよく聞きますので、気を付けたいですね。

(tomo)

健康食品って効くの? (2) 期待しすぎてないですか?

ある食品が、何らかの効果を持つ成分Aを含んでいたとして、Aを含むからそのある食品も同じ効果を持つと、短絡的に考えてしまいがちです。

でも、そのAが効果を表すための量をその食品で摂取するには、その食品をどれくらい食べないといけないかを考えたことがあるでしょうか。

 

例えば、動物実験などの結果から、Aを毎日Xg吸収できれば効果が期待できるということが分かったとしても、そのA Xgを食べ物で摂取するには、毎日何kgも食べないといけないなら、そんなことは実現できない=効果は得られない、ということです。

 

健康食品を売り込んでいるネットやそのほかの広告で、「動物などにこの成分をこれくらいの量投与し続けたらこういう効果が得られた」というような説明を見たら、その量は健康食品のどれくらいの量にあたるのかを計算してみてください。

 

どうでしょう、現実的に食べられる量ですか?

もし計算から食べられそうな量だとわかったとしても、それで月々いくらかかるのかと計算してみてください。毎月何万円もかかることにはなりませんか? 月々5000円分だと効果が出る量には程遠いということはありませんか?

 

実際に期待できる効果よりも多くを期待し、これを食べているから十分でほかには野菜は食べなくてもいいとか、これを食べていれば脂肪の吸収は抑えられるはずだから、脂っこいものをたくさん食べても大丈夫とか、過信していないでしょうか。

これさえ食べていればとそればかりを食べ続けるというような偏った食生活になっていないでしょうか。

先進国である日本でも、偏った食事法にのめりこんだ人々が、自らを、あるいは赤ちゃんを栄養失調状態においやって、健康状態を悪化させている例があるそうです。

 

健康食品はあくまでも「食品」なので、即効で何かに効くということは期待できません。もしそんなにすぐ「効く」ならそれは医薬品にするべき成分であり、それを食品として食べ続けること自体が危険になります。

過去にも、健康食品が「効く」ようにするために医薬品の成分を「添加」していたものさえあり(もちろん薬機法違反になります)、健康被害が報告されたりしたものも少なくないようです。

 

健康食品への期待は、ほどほどに、ということかもしれません。

(tomo)

健康食品って効くの? (1)

「健康食品」は表向きはあくまでも「食品」なので、それを利用することでどのような「効能・効果」があるのかについてパッケージなどに明記することはできません。

もし効能・効果をうたえば(表示したりCMなどで標ぼうすれば)、それだけで、それは「医薬品」であると判断され、医薬品としての「承認」がない無承認医薬品あるいは製造業許可のない無許可医薬品を販売しているとして薬機法(医薬品医療機器法のこと、以前の薬事法)違反になります。

ちょっと面白いのは、「何々に効く」と言った時点で、それはもう法律上は医薬品として扱われるのです。

医薬品でないものを医薬品であるかのように効能・効果を宣伝したから違反になるのではなく、医薬品を厚生労働省や都道府県の承認を受けずあるいは製造許可を受けずに売ろうとしたから(無承認医薬品又は無許可医薬品の販売)違反になるということです。

薬機法というのは、医薬品だけでなく、医薬部外品(歯磨きとかいろいろありますね)や化粧品、医療機器を規制している法律です。
 

そこで、健康食品を宣伝するときに薬機法違反にならないために、効能・効果を明確には言わず、「行間を読ませる」ことで売ろうとされているものも多いということです。

健康やヘルシーを売りにする食品を集めてどんどん食べたとしても、それが健康な食生活になるわけではなく、かえって偏った食生活になる可能性もあるそうです。

 

前に、青汁のことを書きました( フルーツ青汁でダイエット!  しようかなぁと思ったけど・・・ )が、私もそういう広告にひかれることがよくあります。 (^_^;

それで、健康食品について、調べたり、感じたりしたことを少しずつでも書いていきたいと思います。

まずは、「健康食品」というのは勝手にそういってもいいのか、役所から認められたものがあるのかなど、健康食品の分類についてです。


健康食品と呼ばれるものについては、法律上の定義はなく、広く健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般を指しています。
そのうち、国の制度としては、国が定めた安全性や有効性に関する基準等を満たした「保健機能食品制度」があります。

この制度で決められたのが、下の図(厚生労働省のホームページから)の真ん中の3つ(紫色)のものです。

図の一番左に記載されていますが、薬や健康食品の業界では 『いわゆる健康食品』 というような妙な言い方をされるものもあります。


健康食品の分類

                          ( 図はクリックで拡大できます )

(1) 特定保健用食品(特保) 1991年 当時厚生労働省の審査(現在消費者庁の審査)を受けて指定されたもの トクホ 健康増進法により定められたもの

 

以下の2つは食品表示法で定められたものであり、経済活性化のために作られたものでトクホと成立背景が異なる。


(2) 栄養機能食品 2001年 当時は12種類のビタミン類と2種類のミネラル(鉄、カルシウム)の一つ以上を基準値以上含むもの  表示できる文言が定められていた

  例えば、「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です」


(3) 機能性表示食品 2015年 企業の責任において科学的根拠のもとに機能性を表示できることとなり、定められた書類を消費者庁に提出し、それらが「形式的に」整っていれば、内容そのものを審査されることなく、機能性を表示できることとなった。

トクホが本当に健康に役立っているかどうかについては何も検証されないままに、経済活性化の口実のもとに新たな保健機能食品が付け加えられてしまった。


この3種類以外に、「いわゆる健康食品」というのがあるわけですね。
これらの食品がどれくらい役に立つのかなど、これから何度かに分けて書こうと思います。

(tomo)

インフルエンザ予防接種の値段など

インフルエンザの予防接種の季節がやってきました。

私の会社も、また妻の仕事先も医療関係の会社のためか、最近はインフルエンザの予防接種は会社で実施してくれます。
娘1人だけが地元の病院で接種を受けなければなりません。

インフルエンザ予防接種の料金が、医療機関によって異なることはご存知かと思います。
自宅の近隣でも以前の話ですが、2,000円のところと4,000円のところがあり、倍も違うなんて、と思ったことがあります。
予防接種は、あくまでも予防であるため保険診療では費用が出されず、各医療機関が個別に料金を設定するためです。

これまでインフルエンザワクチンは、A型用2種類とB型用1種類とを混合した3種混合ワクチンでしたが、今年はA型、B型ともに2種類の4種混合ワクチンになりました。このため、接種料金も値上げされるところが多くなるようです。

ある会社が全国の1,552施設での金額を調査したところ、2016~2017年シーズンの成人1回目の接種金額の平均は、全国で3,346円だそうです。
昨年と比べると142円プラスとのこと。東京3,440円、大阪3,162円とのこと。
ただ、最も多かったのは3,000円で、全体的にはこの3,000円前後と4,000円前後に山があるとのこと。
私の近隣では4,000円のところが多かったような。

予防接種の効果については、「予防接種したのにかかっちゃって効果がないじゃないか」と思ってしまいがちかもしれませんが、
 インフルエンザにかからない効果(発症予防)だけではなく、
 かかっても症状が重くならない効果(重症化予防)、
 流行を抑える効果
も含めて考えたいところ。

例えば2人に1人しか発症を予防する効果がない場合でも、2分の1に感染ルートを減らせることになるので、感染のスピードを抑えて少なくとも爆発的な流行(パンデミックと呼ばれる)を抑えることができるなど、家族や友人を守るための予防接種という考え方もできるといいのですが。


tomo

6割の患者さんが飲み忘れ経験

2種類以上の医療用医薬品が半年以上継続して処方されている患者を対象に、インターネットで3日間のアンケートを実施し、310人から回答が得られ、以下のようなことが分かったとのこと。

 

飲み忘れを経験した6割の人の内訳は、

  ・たまに忘れる   177人(57.1%)

  ・よく忘れる      11人( 3.5%)

  ・ほとんど忘れる    3人( 1.0%)

  

忘れた原因は、

  ・ 外出時に薬を持っていくのを忘れる   75人(41.4%)

  ・ 薬を使用するタイミングと自分の生活リズムが合わない
                            75人(39.3%)
と続いた。

  

この結果から、まず、処方の際に患者の生活スタイルを念頭に置き、患者が無理なく薬を使用できるように負担を減らすことが有効と分析されたそうです。

 

一方、「飲み忘れがない」と答えた119人に防止策を聞き取ると
  ・ 特に工夫していない   57人(47.9%)
  ・ 薬の置き場所を工夫している
  ・ かかりつけ医や薬局に相談して、薬を一包化するなどしてまとめているとの回答が目立ったそうです。

 

最近は、1日に1回だけ飲めばいい薬も多くなり、こういう薬では朝か夜に1回飲めばいいので外出時に持っていく必要がないため、飲み忘れも少なくなったなと私も感じます。

医師に薬を処方してもらうときに、飲む回数のできるだけ少ない薬を選んでもらうようお願いするとか、薬局で分包機で1回ごとにまとめて包装してもらうなど、そういう工夫をするのもいいことだと思います。

 

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
ハンドベルイベントのご紹介
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006