tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

【ハンドベル】

ラルゴ  喫茶店の名前です (^^ゞ

さいたま市(南与野)にある喫茶店ラルゴのお話です。

リコーダー・アンサンブル・プラセボで、2、3年か前から、ごく近しい人だけでも招いて、ちょっと一般的ではなくても自分たちのやりたい曲を演奏するような場を作ってみようかという話が出ていました。
南与野(埼京線)に感じのいい喫茶店があるということで、リーダーがずいぶん前から足しげく通って話をしていたおかげで、来年2018年1月28日(日)に使わせていただけることになりました。

プログラムなどはまだ全く検討していませんが、どんなお店なのかが知りたくて、初めて伺いました。
火曜から土曜までは画廊としてプロ/アマ問わず、たくさんの方が利用されているようで、このときも、版画家の先生の作品が展示されていました。
演奏会は原則日曜日で、それも不定期にときおり開催(会場使用を受け入れる)されるということで、1年から2年近く先まで予定は埋まっているらしいです。


お店は、南与野駅から近く、徒歩3分くらいでしょうか。

お店の入り口を外から見たところ。すぐに大きな絵が数枚展示できるウィンドウがありました。

ラルゴ8

入ってすぐのところには、10号程度? の大き目の版画が何枚かかかっていました。
雰囲気は私も描く水彩画に近いので、楽しめました。 絵を買って行かれる方もおられました。
ラルゴ5

正面に見える扉が外から入ってくるところです。
平置きで小さな作品が飾られていました。
ラルゴ4

入り口を入って左側を向くと、サンルームのような、草花を置いた素敵な空間も。
ラルゴ3

入り口を入って右の壁です。
壁にワイヤーがつるされて額を架けられますが、ピンを打つことはできません。
ラルゴ2

右奥を向いたところ。
この写真の左手にはグランドピアノが置いてありますが、移動はできないそうなので、リコーダーの演奏はこの正面の壁のあたりに座るのがよさそうでした。
ラルゴ1

これは入り口の正面にあるカウンター席。
珈琲やケーキの他に、茶釜がありお薄なども飲めるようです。
ラルゴ7

さて、まだ8ヵ月以上も先の話なのですが、なかなか素敵なお店、空間で、楽しみになってきました。 ちょっと自分の描いた絵を架けさせてもらうのもありかなぁ.

下は入り口のウィンドウに架かっていた版画で、ちょっと反射でガラスが写りこんでしまっています。
でも、真ん中を通る山道の湾曲や、日の光がとてもすてきでした。
ちょっと大きめの8号くらい。買いたい気もしましたが、46,000円したので、写真を撮って自分で模写してみる気になっています。

ラルゴ6

 

tomo

横浜のハンドベルチーム メンバー募集

私がハンドベルを教えていただいている小田部万里子先生が指導されているグループでのメンバー募集についてお知らせします。

横浜の二俣川で活動されている “ フェアリー ”さんです。

2000年から活動されており、メンバーは幅広い年代の方が集まられているとのこと。
募集のチラシを掲載させていただきます。

チラシはクリックすれば大きくなります。
(別ウィンドウが開いてからもう一度クリック) 

フェアリーメンバー募集
  

tomo

ハンドベル教室 短期コース(3ヵ月)のご紹介

私が教えていただいている小田部ハンドベル教室で、レギュラーのコースとは別に、お試ししやすい短期コースを開設されることになりました。

隔週の6回(3ヵ月)のレッスンです。

6回体験してみて、続けてみようと思われたらレギュラーコースに移られるか、また次の短期コースに入られるのもいいかもしれません。
ただ、次の短期コースまでは3ヵ月くらい空いてしまうかもしれませんので、レギュラーに入りましょう!!

レギュラーは毎週1回の3つのコースと、第2、第4金曜のコースがあります。
ちなみに私は水曜夜のコースです。

これまで、仕事の関係や体調の関係で教室を中断しましたが、またやりたくなって復帰しています。
初めて小田部教室に入れていただいてから、そろそろ10年近くなるのではないでしょうか。
それだけ、メンバーと一緒にやる演奏は楽しいということですね。

チラシはクリックすれば大きくなります。(別ウィンドウが開いてからもう一度クリック)   

小田部ハンドベルチラシ
 

tomo

日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル

日本ハンドベル連盟40周年記念のアジアフェスティバルが仙台で開催されます。

これまで、世界大会とかそういうのには縁がなかったのですが、今回、日本でしかも比較的わたしの居住地からは近い仙台での開催ということで、参加させていただくことにしました。
 

日 程 : 2017年8月18日(金)~20日(日)

会 場 : 仙台国際センター (宮城県仙台市青葉区青葉山)

参加国: 日本、韓国、香港、シンガポール、台湾、アメリカ、イギリス、

      オーストラリア、他(予定)

主 催 : 特定非営利活動法人日本ハンドベル連盟

後 援 : 宮城県、仙台市 他


主なスケジュール:

20170112154607_00001


【主なプログラム紹介】

全体マスリンギング

アジアフェスティバルの参加者全員で、心をあわせて演奏するのがマスリンギング。

2名の日本人指揮者のもと1曲ずつ、計2曲を演奏いたします。

全体マスリンギング指揮者
   大塚 安宏(日本ハンドベル連盟常務理事)

   中村 真 (山形学院高校ハンドベル部指揮者)

 

グループマスリンギング

参加団体・個人を「A」「B」2つのグループに分け、グループごとにそれぞれ2曲ずつマスリンギングを演奏します。

グループマスリンギングの指揮者は日本、韓国、香港、シンガポールから1名ずつ選出されます。

 

ワークショップ

アジアフェスティバルの参加者ひとりにつき、計3クラスのワークショップを受講していただけます。

経験豊かな指導者による、リンガー/指導者向けのハンドベル技術向上のためのクラスのほか、日本はじめアジア各国の文化を紹介するクラスまで、バラエティ豊かなワークショップを用意する予定です。

 

フェスティバルクワイア

ワークショップの時間を全て費やし、ファイナルコンサートでの発表を目指して練習する、フェスティバル期間中だけの即席チームが「フェスティバルクワイア」です。

・Bグループそれぞれ、中級リンガー、上級リンガー向けの2つのクワイアを結成いたします。2名の日本人指揮者に加え、アメリカとイギリスから経験豊かな指揮者を招聘する予定です。

 

ソロコンサート

アジアフェスティバル参加団体による、HRJ全国フェスティバル形式のソロ演奏のコンサートです。1チーム1曲。

このコンサートは2日目の8月19日(土)に終日開かれ、一般公開される予定です。

 

40周年記念式典

8月19日(土)夜には、来賓ご臨席のもと、HRJ創立40周年記念式典を開催します。

 

ファイナルコンサート

最終日となる8月20日(日)に開催する、一般公開(有料)のコンサートです。

日間練習したマスリンギングの成果を参加者全員で発表します。

フェスティバルクワイアや、参加各国代表グループによるソロ演奏も予定しています。

 

その他

ベルの音を美しく響かせるための「打ち方の基礎」。仙台の文化を体験する「交流プログラム」。40年の歴史を振り返る「パネル展示」。さまざまなプログラムで皆様をお待ちしています。



これらを見ると、フェスティバルまでに、全体マスリンギング2曲、グループマスリンギング2曲、参加団体のコンサート1曲 の計5曲を練習することになるようですね。

フェスティバルクワイヤに参加する方は、もう1曲か2曲?増えることになるのでしょう。


2017HBアジア大会パンフ2


tomo


ハンドベル 6 in hand ほか

6 in hand(シックス・イン・ハンド)

先日、ハンドベル教室で、シックス・イン・ハンドというのを教えていただきました。


フォー・イン・ハンドならよく聞いたことがありましたが、男性であることもあって高音域を担当することが多くはなく、フォー・イン・ハンドでの演奏経験はありませんでした。

それで、シックス・イン・ハンドを教えていただくついでに、シェリーフォー・イン・ハンドについても教えていただきました。
組み方などについて、画像も含めまとめておきたいと思います。握るところまで撮れませんでした。すみません。

 

6 in hand
シックス・イン・ハンド

★ まずは、シェリーの組み方です。
この奏法は、高音域の音を同時に演奏したいとき、とくに1オクターブ違う音を同時に演奏したいときに多く用います(たとえばC6とC7など)。
大きいベルの方を先に普通に握り、小さい方のベルの上に90度の角度で重ねて、人差し指と中指の間に小さいベルを握ります。左手の場合は下の画像と反対向きになります。大きい方が上なのは左右同じ。
2つのベルをリングするのは、正面に向けて手を振ると両方のベルが同時に鳴ります。音を止めるときには、2つのベルを同時に胸から肩につけます。

シェリーの組み方



★ 次は、フォー・イン・ハンドの組み方です。
この奏法は、担当するベル数が多いときなどで、片手に持った2つのベルを別々に鳴らしたいときの握り方です。
一つ目のベルは普通に持ち、同じ手で2つ目のベルをクラッパーが90度になるように4分の1回転させて持ちます。普通は内側方向に回転させます。右手に持つときは左側に回転(下の動画)、左手に持つときは右側に回転。
小さい方(下側の)のベルは、人差し指と中指の間に挟みます。これはシェリーと同じです。
鳴らし方は、普通は、大きい方のベル(親指側のベル)は、親指から小指方向に手首を振って鳴らします。小さい方のベルは手のひらを前に向けて前の方に振ります。リンガーの振りやすい手の向きに応じて、振る方向を変えても構いません。

フォー・イン・ハンドの組み方



★ 最後に、シックス・イン・ハンドの組み方です。
この奏法は、担当するベル数が多いときなどで、片手に3つずつベルを持って鳴らしたいときの組み方です。
組み方の前に、楽譜でシックス・イン・ハンドを使ってほしいときには、下図のように扇の形に記載するようです。2つありますが、それぞれ左手、右手の書き方です。

シックス・イン・ハンドの記譜法
6 in hand 記譜

親指側に持つベル(通常は最も大きいベルのことが多い)のハンドルに他の2つのベルを通して固定して使います。

まず、親指側のベルのハンドルに右側のベルのハンドルを90度倒して通してから元に戻します。この2つのベルは同じ方向を向き、シェリーと同じ組み方になります。
この2つのハンドルの中に、中央のベルを90度内側へ(右手用のとき」は左へ90度、左手用に組むときは右へ90度)回転させて通します。

握り方は、人差し指と中指の間に中央のベルを挟み、その中央のベルといちばん外側のベルの間に中指と薬指2本を挟んで握ります。
中央と外側のベルの間には2本の指を挟まないと、中央と外側のベルが近づきすぎてぶつかり合ってしまうことがあるためです。

シックス・イン・ハンドの組み方


鳴らし方は、親指側に持ったベルは手首を内側にスナップをきかせて鳴らすような感じ。中央のベルは親指から小指方向に縦に手首を振って鳴らす。外側のベルは、手首を外側にスナップをきかせて鳴らすような感じでしょうか。
中央のいちばん小さいベルをしっかり鳴らすのが結構大変でした。スナップを十分きかせないといけないようです。


左右の組み方と鳴らし方を先生に見せていただきました。
6つの音を使った曲、きらきら星です。


シックス・イン・ハンドの組み方 と きらきら星


シックス・イン・ハンドはめったにやることはないと思いますが、他の2つシェリーはオクターブがよく出てくる大きな編成の曲で、フォー・イン・ハンドは少人数のアンサンブルで、比較的よく用いられますので、少しずつでも練習していけるといいですね。

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006