tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

  ☆ ハンドベル練習日誌

ハンドベル練習日誌 2016/11/30 ツリー点灯式のために

今回も、今週末のジョッピングモール・クリスマスツリー点灯式イベント用の曲の練習でした。



【練習曲】
 

ウルトラマン、おどるぽんぽこりん

 

クリスマス曲4曲
   Rudolph, The Red-Nosed Reindeer
   Have Yourself A Merry Little Christmas
   Silent Night! Holy Nights
   Hark! the Herald Angels Sing 

ここまでがツリー点灯式用の練習。


このあと、ラ・クンパルシータをざっとやりました。
来週の練習は、点灯式も済んでいるので、この曲をじっくりやりましょうということに。

私はこのイベントには参加できないのですが、演奏後、ツリーはこんな感じになるのでしょうか?

image

これは私の会社の隣にあるスーパーのツリーです。最近は真っ白や真っ青のLEDが多くて、昔のような赤、緑、黄色などの電球や、銀色や赤い玉が付いているのは少ないのかもしれませんね。

tomo

ハンドベル練習日誌 2016/11/16 やさしそうで難しい

先日の練習曲は、こんな曲でした。
水曜夜の練習なので、メンバーは一度には集まらず、5人そろうのは7時を過ぎてしまいます。
それから1時間半弱しかできませんが、まぁ、毎週なのでなんとか進めるかな、という感じ。 


小田部ハンドベル教室では、結構演奏依頼があるようで、いまも12月初めに近隣のショッピングセンターでのクリスマスツリーの点灯式の依頼が来ています。

今回の依頼演奏用に、この時期のクリスマスソングの他に、子供向けのアニメソングやヒーロー物の主題曲などの練習をやりました。

演出として、ヒーローの決めポーズみたいなことも (^_^)

 

ラ・クンパルシータ
 マレット、マルテラートなど、結構いろいろな奏法を使い、切換えに戸惑うことも。

 

クリスマス曲4曲
   Rudolph, The Red-Nosed Reindeer
   Have Yourself A Merry Little Christmas
   Silent Night! Holy Nights
   Hark! the Herald Angels Sing 
 

ウルトラマン、おどるぽんぽこりん

 
 

リコーダーのアンサンブルでも、12月25日に開催する定期演奏会では、ルネサンス、バロックから現代のリコーダーオリジナル曲など結構リコーダーをやっている人向けの曲が多いですが、小学校向けのボランティア演奏では、ディズニーのエレクトリックパレードの曲(バロックホウダウンといいます)やジブリの曲、ゲームの主題曲などを、また、老人施設での演奏では、小学校唱歌や笑点のテーマ曲などを演奏します。

 

ボランティア演奏の曲で、特に子供向けの速い曲や、笑点のようなテンポのいい曲は思った以上に難しく、中級までの演奏者では演奏できない曲も結構あるようです

ポピュラーな曲はやさしそうと思われるかもしれませんが、実は逆に知っている人も多いので間違いがすぐわかり、楽しい曲を楽しそうに(演奏者も楽しく)演奏することは、ほんとに難しいもんだとつくづく思わせられます。

 

tomo)

ハンドベル練習日誌 2016/10/6 ベル磨き

10月5日の練習では、前半に2曲練習し、後半はベル磨きでした。(写真を撮るのを忘れてしまいました)

 

12月初めの時期に近隣のショッピングセンターから演奏依頼があり、各チームから何人かずつが参加することになりました。私は残念ながら、リコーダーの演奏会前の練習が重なり参加できません。


クリスマスが近づく時期なので、クリスマスソングも1曲練習しました。

とてもきれいな曲で、メンバーはクリスマスの雰囲気に浸りきったようでしたが、「明日(10月6日)は気温が30℃になるんだって」と言うと、皆、現実に引き戻されたように、しかめ面をしていました(笑)

 

 

ベル磨き】

毎回の練習終了後にクロスでざっと磨くことはやっていますが、今回はハンドベル専用の磨き剤(ポリッシング・クリーム?)を使って行いました。

ベルの数が多いので、教室の他のチームとも分担し、私のチーム(マーノ・ムジカーレ;手の音楽という意味)は4オクターブの楽器のうちの3ベル(G~B)から4ベルの低い方のいくつかを磨きました。

 

ここ2年ほどベルの活動をお休みしていたので、磨き剤を使ってのベル磨きは、ハンドベル連盟の指導者講習会(桜美林大)に参加させていただいたとき以来、久々でした。

そのときは、5オクターブの楽器だったので、Cから磨いたように思います。

 

 古新聞をマットの上に広げ、その上で磨きます。

まず、クッキングペーパーに磨き剤(少しピンクがかったクリーム)を付けて、ベルのキャスティング(ボディ部分)の外側を磨きます。

磨き剤は付けすぎるとふき取りも大変なので、ほんのわずかの量で十分です。


★ 教室ではマルマークのベルを使っていますが、マルマークのベルは回しながら拭いてはいけないことになっています。キャスティングの上から下(ハンドル側からベルの縁に向かって)、縦方向に磨きます。ベルを回しながらふくと、キャスティングとハンドガードの接続部分のネジにゆるみが出るためです。 シューマリックのベルはこのようなことはないとのこと。

★ 
ベルの内側の部分は磨き剤を付けないようにします。大きなベルなら内側でもふき取れるかもしれませんが、内側はふき取りがしにくいので、磨き剤が残ってしまい、かえってほこりやごみを付けてしまうことになりかねないためです。

★ クッキングペーパーで磨き剤をふき取った後、柔らかくきれいな布(はぎれ)できれいに磨き上げます。

 

★ しみのように点状に汚れが付いている部分は、綿棒に磨き剤をつけて集中的にこすったり、磨き剤を付けてしばらく置いてから磨くと取れやすいようです。

 

夏を過ぎたこの時期は、ベルが最も汚れている時期との先生のお話でした。

汗などが付いたりすることも多いのでしょうね。

それからベルの内側は点々と小さなしみのような汚れがたくさんついていました。

これは、たぶん唾液が飛んだものだろうとのこと。ベルを演奏中(ベルが上を向いているとき)におしゃべりが多いと、知らず知らずのうちにこのような汚れが付いているのだそうです。

 

磨いた後はわずかにピンクがかった金色の穏やかな光りかたがとてもきれいでした

いつもきれいなベルで練習できるように、メンテナンスをしっかりやりたいですね。

 

 

tomo

ハンドベル練習日誌 2016/9/28

今回は私には初めての2曲。

 

 

★ The Gift of Love     Hal H.Hopson   (3〜6人のアンサンブル用)

     5人 全12   E4、F4

 

★ ラ・クンパルシータ  ロドリゲス   

     5人 4 octaves全26   D4、E4、A3、G4#、(A4)

 

The  Gift  of  Love は、ゆったりした流れの曲。

スコットランド民謡が元となっている曲で、以前、NHKの朝ドラ「花子とアン」の挿入歌にもなっていたそうです。そのあとの「マッサン」でも歌われていたとのこと。

元の曲名は「The Water is Wide」、邦題は「悲しみの水辺」あるいは「広い河の岸辺」といって、クミコさんが歌われたCDが長く親しまれているそうです。

教室では、YouTubeでクミコさんの歌とケーナの演奏を見せていただきました。

 

アサインメントは、私の場合はベル2つだけ、ほかの人も2つとか、3つとか数は少ない。

ゆったりした流れでLVが多く、持ち替えはほとんどないが、狭い音域の中で中声部でメロディーが動くところがあり、メロディラインを浮かび上がらせることができるかどうかが重要。

両手にベルを持って、どちらか片方がメロディラインの音として強く、他方は伴奏の音として弱めに、同時に左右の強さを変えて打つ練習を行いました。

強く打つ方のベルを少し高めに持って意識する、というのはよく聞くが、このやり方は気をつけないと音が同時にならずにばらけてしまう。

練習では両手のベルの高さを揃えて打つことも行いました。


 

ラ・クンパルシータ は、担当した低声部ではマレットを使うところが多く、マレットからリングへの移行のため、又は逆の動きのための持ち替えがあわただしい。

リングとマルテラートマーク)の速い動きもあり、マルテラートが強すぎたり雑になりそうで、気をつけたいと思います。

 


 

tomo

ハンドベル練習日誌 2016/9/14

復帰して2回目の練習で、前回から以下のような曲の練習をしています。

 

★TSUNAMI  桑田佳祐作曲/大石由紀子編    
            5人全25  E 、F、G、(G)  ( )シェア


★ユーモレスク   ドボルザーク作曲/大石由紀子編  
            5人全21  E 、F、F、(A、B、G、F)  

★ラ・クンパルシータ  ロドリゲス   
             
5人 4 octaves全26  アサインメント未定

 

リハビリということもあって、比較的簡単なベルを持たせていただいているのかもしれません。
ユーモレスクでは、左右の人とのシェアもあって、復帰の練習としてはまずまずの内容かなと思いました。

しばらく練習が進んでいる曲もあって、アサインメントを変えるのは申し訳ないと思いましたが、発表会などはしばらくないようなので、いい時期に復帰したと思います。

その後、前回同様、お祭りでの演奏依頼があるということで、トトロ、ウルトラマン、ミッキーマウス、おどるぽんぽこりんの4曲を代理でお手伝い。

それ以外に楽譜を購入するものについては、準備頂けるということになっています。


 

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
ハンドベルイベントのご紹介
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006