tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

  ☆ 閑話休題 リコーダー

コントラバスリコーダー(3) 買っちゃいましたーーーっ!!

少し前に、最近増えている各社のコントラバスリコーダーについて、「その良し悪しや、お気付きのことなどについて教えていただきたい」 と Facebook のリコーダーのグループでお訊ねしていました。
頂いたご意見は、以前に書きました。
(記事はこちら ; コントラバスリコーダーコントラバスリコーダー(2)

それらを参考にさせていただいて、今回、メックのコントラバスリコーダー(Moeck MOE5741、メックではSubbassというようです)を購入しましたので、ご報告します。

国内の販売店経由の方がメンテナンス等は安心だし、また、実際に吹いてみてから購入できるという点は非常に大きいと思いますが、コントラバスの場合には、国内での在庫数もリコーダーフェア前の時期以外は数をそろえてその中から選ぶということがむずかしいということもありました。

個人輸入できる楽器についていろいろ調べたところ、送料その他を含めても、国内で買うより25万円~30万円安く買えそうだということで、国内購入の安心感や購入前試奏には目をつぶることにしました。

以前から何度かバッグ等を購入しているEMS(Early Music Shop、英国)から購入することにし、EMSの担当者には、「メックだからあまり心配していないが、初期不良がひどすぎたときは交換してね」とメールしておきました。
またいつもお世話になっている銀座山野楽器本店管楽器フロアのFさんにも、個人輸入のことをあやまっておきました (^_^;


さて、荷物は注文から1週間ほどで届きました。
荷姿は結構大きく、重さは18kg。中身の半分以上がクッション材でした。
後ろの車は車高2mです。ちなみにこの車も英国からの輸入品です(ランドローバーDefender110。個人ではなくいわゆるスペシャルショップが輸入したものを購入。購入した16年前は日本のローバー社はこの車を扱っていませんでした)。

P1010238

P1010240


ケースのサイズは、キュングもあまり変わらないと思います。
古いレスラーの楽器ケースとほとんど同じ大きさでした。
見えにくいですが、左側(ケースを立てれば下側)の片方はタイヤになっています。
あまり大きくないので、ケースをあまり寝かせるとケースの縁が地面に触れてしまいそうです。
ケースを立てたままで転がすという感じ。キュングの新しいケースはもう少し大きなタイヤらしいので扱いやすいかもしれません。
ただ,メックは楽器価格にケース代も含みます(キュングやペッツォルトはケース別売。国内ではケースを付けて値段設定されているようです)。

P1010245


主なパーツの数は6つ、連結したときの上側から、
① 頭部管(直吹き部分)
② 頭部の連結管(U字に似たもの)
③ 中部管上部(左手キー)
④ 中部管下部(右手キー)
⑤ 足部管(写真中段中央の丸いもの、3つ下の写真の格子模様のもの)
⑥ 足部ピン(ネジで心棒の長さを変え、高さ調節する)


★付属品としてストラップ、肩に背負う「たすき」のような形
各管の連結部分(グレーの部分)は、コルクではなく厚いフェルトで、グリスなどは使いません。
グリスがたくさんいると思って、ワセリンで代用しようと大きな容器のものを購入したら、不要でした。

P1010246


上段左は①上部管、上段右は②頭部の連結管(U字に似たもの)、中央は⑤足部管、下部は④中部管下部(左手キー)。
④中部管下部には木管部にすじがあり、段差を付けただけと思っていたら、管を外すときにこの部分が回り、キーの延長部(写真で銀色の横棒)がまがりかけたのであわてて戻しました。
これ、1本ではなく2本継ぎのようです。
使用後に各部を外すとき、外したい連結部に近い方を持つように気を付けないといけません。
このような部分は回らないようにしてあればいいのにと思いますが、印をつけてときどきずれていないか確認する必要があるようです。

P1010249


上段右は①頭部管、上段左は⑥足部ピン、中段③中部管上部(左手キー)、下段④中部管下部(右手キー)
P1010248

よくアナコンダみたいと言われる頭部管
吹くときは若干上を向く形になりやすいですが、楽譜が見にくくなるので、何とか調整して吹きやすい場所を探るつもりです。
クルークがないので、水滴がたまりにくいだろうと思います。

P1010251

P1010252


⑥足部ピンです。
中の心棒は結構長く、高さの調整範囲は広いですが、私の身長(166cm)だと、このピンを使うよりも、格子になった足部管までで組み立てて10cm弱の台に乗せる方が使いやすいような気がします。
P1010253

初めて吹いたときは鳴りが悪く、慣らしができればよくなるだろうと思っていましたが、2回目のときはもう十分に鳴っている感じです。息もたくさん使う必要はないかもしれません。
楽器と体の姿勢の調整ができれば、とても使いやすそうな楽器です。

立てた時の写真や音などについては、様子を見ながらまた報告します。


(tomo)

英国から日本へ

英国から日本への荷物の追跡情報を見ました。

UPS(外国の宅配便屋さんです)の追跡ページを見てみると、


1.業者からUPS(宅配便への引き渡し)
                      英国     デューズバリ―(マンチェスター近郊) 

2.航空機へ  英国     キャッスルドニントン

3.経由地1  ドイツ  ケルン

4.経由地2  中国     シェンチェン(香港のそば)

5.日本    成田


英国から日本へ来るのに、ドイツと中国を経由して入ってきています。 (@_@;)

英国国内では、輸出に関する書類が不備だったのか、丸1日空港で留め置かれていたんですね。
なかなかおもしろいです。

この荷物については、また追ってお知らせします。
一番下に、重量が書かれています。


クリックすれば大きくなります。(別ウィンドウが開いてからもう一度クリック) 

UPS貨物追跡情報

 

tomo

コントラバスリコーダー(2)

最近増えている各社のCBについて、その良し悪しや、お気付きのことなどについて教えていただきたいと Facebook のリコーダーのグループでお訊ねました。
いろいろコメントいただきましたので、ここに転記させていただきたいと思います(了解済み)。
私のコメントの後に【いただいたコメント】として記載しました。


 

キュング KUN2822


最近一番使われている楽器かと思います。私も何度も吹かせていただいたことがあります。音程も運指通りに吹けばほとんど不安なく、その姿も素晴らしいですが、この2年ほどで値上がりし、国内で税も入れれば100万円を超える(ケース付きで)ことになり、ちょっと躊躇してしまいます。

【いただいたコメント】

♪ キュングの2822とペツォルトの合板製の二つを所有していますが、使うのは殆んど2822が多いですね。


♪ 2822を購入の際は、入荷時のタイミングを狙って何本か用意してもらって試し吹きをやって、さらに金属パイプとの相性も比較して、良い相性のものを選んだ方がいいです。パイプを取り換えても音が相当変わります。2822は吹き込むと実に豊かな音になります。

♪ キュング 2822を使っています。アルトリコーダーの感覚で演奏できるコントラバスリコーダーです。(*^_^*)


KUN2822

 

Paetzolt (無塗装のものや、オリーブ風/チェリー風/ブラックなどの塗装仕上げがあるようです)

CBでもサイズが比較的小さく軽いので扱いやすいこと、またサムホールの押さえ方に特徴があるため慣れることが必要ですが、CBでもサムホールが大きすぎて手の小さい女性でも親指が穴に埋まりこんでしまうということもない。

マウスピースの長さが確か変えられないこと、回転させることもできない(スイングはできるがクルークのようにねじることはできない)ことから、顔の向き/口の位置/両手の位置などが調整しにくく、ときに吹きにくいと感じる。

価格的には比較的安くて、無塗装ならキュングの半額、ラッカー仕上げでも比較的安価である。

PAE06FP     PAE069-AS
     チェリー(桜)風                ブラック

【いただいたコメント】

♪ 最初はペツォルトを使っていたのですが、各部の接合部がはめ込みではなく、単に密着させるだけなので、少しのショックで密着部に隙間が空くことがあり、すると下の方の音が全く出なくなる事があるので、実は扱いがとても大変でした。
さらに組み立てた後、これを担いでステージに登る時も恐る恐るということで、楽器自体の堅牢度にも少し疑問符がつきましたので、思い切って2822を購入したと言う訳です。

♪ 何となくですが、合板製、或は接合材によるものは、どうしてもムクの削り出しにはかなわないというのが現実ではないでしょうか。


♪ 音はペツォルトも2822もよくでますよ。半音は殆んどすべてが発音可能ですし、使える事は間違いありません。

♪ もう15年くらい前に使ったときに、必要ならピッチ調節用の枠を挟んで、左手で頭部管にぶらさがるような感じで強く押さえながら、右手でネジを締めていたことを思い出しました。
確かに
相当強く押さえないといけなかったような気がします。

後々のことを考えるとキュングあるいはメック製の方が安心という感じでしょうか?


♪ ペツォルトを使う時は(音の質が悪くなりますが)ピアニカのパイプを補助でつないでいました。


 

Moeck   MOE5741


比較的新しく、まだ使われている方も多くはないかもしれません。

私は山野のリコーダーフェアで、ほんの少し吹かせていただきました。

音は楽々と、ろうろうと音が鳴りました。最低音Fでもそれほど気を使うことなく吹けた様に思います。CBでは初めての直吹きの楽器とのことです。

吹奏楽の楽器かと思う様なスタイルは好き嫌いが分かれるかもしれません。

ニック式と同様、こういう形の楽器はバロック時代にはなかったものですので、そういう楽器は使いたくないとおっしゃる方もおられるかもしれません。ペッツォルトも同様かもしれませんが。

キーは、これも吹奏楽器のキーのような指押さえ部分で、しっかりした印象でした。

価格はキュングより56万円安いですが、国内で税込なら96万円くらいになるようです。

    csm_Anzeige_Subbas_A5_ohneDRuckmarken_15a475a998          MOE5741


【いただいたコメント】

♪ 歌口への直吹きの良さが出ていると思います。クルークのない分、音の反応が良く、コントラバスではありますが、ソロ楽器の様な微細なニュアンスなどを出せる楽器だと思います。

♪ 窓が上を向いているので、若干、音が小さいと感じる方もいる様ですが、ホールの響きや、キャパシティー、環境で随分違うと思いますので、これは、同じ環境で、音量を測ってみないとわからないかと思います。

♪ 息の量は、軽く吹いても良く鳴ってくれ、反応も良いです。指も楽ですね。また、立奏(エンドピンで高さも調整可)、座奏どちらにも対応出来る足部管パーツが付いているので、便利です。
ニュアンスを出しながら演奏する楽曲や速いパッセージの楽曲には向いていると思います。

♪ 見た目は、大蛇アナコンダに似ていますが、工芸的には、アールも美しいですし、キーの銀色も個性的で、良い楽器だと思います。

♪ キュングとメックでお考えの時には、両方を同時に、試奏させてもらう事をお勧めします。
それぞれの個性をより確認しやすく、お好みの判断もしやすくなるかと思います。
因みに、私の生徒さんは、メック、キュング両方吹いてみて、反応の良さ、息の量などを鑑みてメックを購入しました。(お二人持っています)


♪ メックコントラバスは、立奏時に、足部管の底に立奏用のキャップをはめます。
座奏の時は、足部管を直置きし、高さ調整は、座っているピアノ椅子などで行います。

♪ ストラップは、首にかけるものではなく、背中に背負う感じで、しっかりしているので、安定感があると思います。



 

Coolsma Subbass COOCMS

 
ペッツォルトと同じ様な合板の楽器を出されている様ですが、コルスマのアルト1本でCBが買えてしまいそうな値段の様です。どんなものか全くわかりません。


COOCMS

【いただいたコメント】

残念ながらコルスマについてはコメントいただけませんでした。
プリマ楽器さんでも取り扱われたことはなく、今後も予定はないとのこと。


みなさま、たくさんのコメントありがとうございました。
だいぶ自分の考えがまとまってきました。
いずれ、購入報告ができればと思っています。


tomo

コントラバスリコーダー

現在、私たちのリコーダー・アンサンブル・プラセボ Placeboでは、レスラーのコントラバス(以下、CB)をお借りして使用していますが、この楽器は下のG#(A♭)の音がキーがなく出せません

このため、G#がある曲では、転調するとか、その音だけオクターブあげるとか別の音に置き換える(和音の中で)あるいはその音だけ休むなど、なんらかの対応をとることになるかと思います。

また、他の楽器と音程を合わせるために、変え指を多く使わなくてはならないこともあります。

 

そういうこともあり、最近増えている各社のCBについて、その良し悪しや、お気付きのことなどについて教えていただければと思い、Facebookのリコーダーのグループでお訊ねました。
価格のことを一旦置いておくとしたら、それぞれの楽器はどのような長短があり、お勧めいただくとしたら、どういう順になるでしょうか、とお訊ねしています。


私の数少ない経験や印象などについて書かせていただきます。
コメントいただければうれしいです.
Facebookでのそれぞれの楽器についてのコメントは追って掲載させていただきます。


 

キュング KUN2822


最近一番使われている楽器かと思います。私も何度も吹かせていただいたことがあります。音程も運指通りに吹けばほとんど不安なく、その姿も素晴らしいですが、この2年ほどで値上がりし、国内で税も入れれば100万円を超える(ケース付きで)ことになり、ちょっと躊躇してしまいます。

KUN2822

 

Paetzolt (無塗装のものや、オリーブ風/チェリー風/ブラックなどの塗装仕上げがあるようです)

CBでもサイズが比較的小さく軽いので扱いやすいこと、またサムホールの押さえ方に特徴があるため慣れることが必要ですが、CBでもサムホールが大きすぎて手の小さい女性でも親指が穴に埋まりこんでしまうということもない。

マウスピースの長さが確か変えられないこと、回転させることもできない(スイングはできるがクルークのようにねじることはできない)ことから、顔の向き/口の位置/両手の位置などが調整しにくく、ときに吹きにくいと感じる。

価格的には比較的安くて、無塗装ならキュングの半額、ラッカー仕上げでも比較的安価である。

PAE06FP     PAE069-AS
     チェリー(桜)風                ブラック

 

Moeck   MOE5741


比較的新しく、まだ使われている方も多くはないかもしれません。

私は山野のリコーダーフェアで、ほんの少し吹かせていただきました。

音は楽々と、ろうろうと音が鳴りました。最低音Fでもそれほど気を使うことなく吹けた様に思います。CBでは初めての直吹きの楽器とのことです。

吹奏楽の楽器かと思う様なスタイルは好き嫌いが分かれるかもしれません。

ニック式と同様、こういう形の楽器はバロック時代にはなかったものですので、そういう楽器は使いたくないとおっしゃる方もおられるかもしれません。ペッツォルトも同様かもしれませんが。

キーは、これも吹奏楽器のキーのような指押さえ部分で、しっかりした印象でした。

価格はキュングより56万円安いですが、国内で税込なら96万円くらいになるようです。

    csm_Anzeige_Subbas_A5_ohneDRuckmarken_15a475a998          MOE5741


 

Coolsma Subbass COOCMS

 
ペッツォルトと同じ様な合板の楽器を出されている様ですが、コルスマのアルト1本でCBが買えてしまいそうな値段の様です。どんなものか全くわかりません。


COOCMS
 

tomo


教会での奉仕というか楽しみ(リコーダー演奏)

クリスチャンではないのですが、娘がミッション系の学校に通っていた関係で日曜の教会学校に行っていました。

その教会で毎年、子ども達が演じるクリスマスページェント(キリスト降誕劇)があって私も讃美歌に合わせてリコーダーを吹いてお手伝いしています。
今年は残念ながら、お手伝いに行けませんでした。

ページェントは、教会に来るクリスチャンではない人たちにも、イエスの生まれたときのお話をしてキリスト教の始まりがどんなだったかを伝えるための劇です。
劇の導入部分でバスリコーダーをソロで吹いたり、オブリガートをソプラノで吹いたり、歌と一緒に旋律をアルトで吹いたりのお手伝いをしました。

クリスマスページェント


クリスマスの4週前から、毎週1本ずつ礼拝のときのロウソクの火が増えていくのを見ながら、街中の喧騒とは違う、ほんとうのクリスマスを迎える時間(アドヴェント;待降節)を経験することもできて、よろこんでいました。

12~3世紀頃の聖書や讃美歌の古い写本に、羊飼いや天使、吟遊詩人たちがリコーダーを吹いている様子が描かれていたり、教会でショーム(現在のオーボエの祖先)や弦楽器と共に演奏されているリコーダーの彫刻があったりするそうで、これらの資料からは、リコーダーが歌の伴奏や声の代わりに使われていたことがわかるようです。
いま教会のイヴェントで、歌と一緒に私が笛を吹いているのと同じように、数百年前も教会で誰かが笛を吹いていたと思うと、感動ものです。


最初の頃は私一人が伴奏でしたが、5年あまり続けていると子ども達が大きくなって、バイオリンや、フルート、クラリネットをやるようになり、少しずつ出番は減っていきました。
教会でのお手伝いができない分、最近はボランティアで笛を吹くことも多いので、少しはほっとしています。

ページェントをやるこの教会堂の設計により、建築家の先生が日本芸術院賞を受けられたというすばらしい教会堂です。見上げる天井には、ノアの箱舟を模したという葉っぱのような形が。
はすの葉のような模様は、自然光が作るものです。いつも見上げてうっとりします。


聖学院教会3

聖学院教会2
 

1000人入るそうですが、ページェントの練習の合間にこそっと吹いたアルトリコーダー1本でも、とてもきれいに響きます。いつか、ここでちゃんと演奏をしてみたいです。

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
ハンドベルイベントのご紹介
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006