tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

  ☆ S.ジーク氏と

S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2

ゼーレン・ジーク氏(S.Sieg )のリコーダー楽譜の販売サイトをオープンしました。


 
プラセボ楽譜販売サイト     ←   販売サイトへのリンクです




ジーク楽譜紹介用


ジーク楽譜紹介用



上記の販売サイトでは、現時点では2種類の楽譜のみが注文できますが、現在印刷中の楽譜が多く、近日中にリストのおよそ半分の楽譜を購入することができるようになります。

また、一部の曲については、ある程度ご予約をいただいてから印刷する予定のものもあり、上記サイトでは掲載されていない楽譜もあると思いますが、今後の予定と考えて頂けると幸いです。
実際に販売されているもの、近日発売予定のものについて、詳しくは上記のサイトをご覧ください。

販売サイトでは、一部の曲は試聴することができます。
試聴できる曲を順次増やしているところです。



楽譜は、ジーク氏の楽譜の前書きなどをドイツ語から日本語に翻訳した「日本版」で、曲の背景等が日本語で読めるものとなっています。


ここに掲載したリストは、購入検討の資料として読んでいただければと思います。

価格は、オープン記念として、このリストに記載の額より割引が行われています。これについても、上記サイトで内容をご確認ください。


下記のファイルをクリックして表示される画像をもう一度クリックすると画像が拡大されます。

「 作品紹介 」 という部分は字が小さいため、読みにくい場合はブラウザの表示メニューからさらに拡大してください(150~200%)。 読みにくく申し訳ありません。

【リスト1】


ジーク楽譜リスト1(90%)


【リスト2】

ジーク楽譜リスト2(90%)



リストに表示された価格は消費税を含みません。
リストでの価格からオープン記念割引額を引いた額に、消費税と送料が追加されます。
送料等については、ご注文いただいてから個別にお知らせします。


上記サイトがうまく表示できないとか、うまく注文ができないときには、この記事の右上の‘comment ’をクリックして、コメント欄で以下の項目を書いていただければ、取次はできます。また、ご質問などもどうぞ。
コメント欄は、私が読んでから「公開」に設定しない限り、勝手に公開されることはありません。


  ・ お名前
  ・ 連絡先メールアドレスあるいはお電話番号
  ・ 楽譜の日本語タイトル 又は 楽譜番号
  ・ 必要部数
  ・ (念のため) リストでの価格


tomo)

S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト

リコーダー・アンサンブル・プラセボで販売予定の S.Sieg 氏のリコーダー楽譜のリストができました。

楽譜は、ジーク氏の楽譜の前書きなどをドイツ語から日本語に翻訳した「日本版」で、曲の背景等が日本語で読めるものとなっています。


ジークプロファイル写真

ジーク楽譜写真


楽譜注文専用のホームページを準備中ですので、準備できましたらまたお知らせします。
また、楽譜自体も印刷中で、まだお届けできる部数がそろっていませんので、予約のみ受け付けている状況です。
年内にはお届けできるように努力中です。

このリストは、購入検討の資料として読んでいただければと思います。

予約をお急ぎになられる場合には、こちらの一番下のコメント欄で以下の項目を書いていただければ、取次はできます。また、ご質問などもどうぞ。

コメント欄は、私が読んでから「公開」に設定しない限り、勝手に公開されることはありません。

  ・ お名前
  ・ 連絡先メールアドレスあるいはお電話番号
  ・ 楽譜の日本語タイトル 又は 楽譜番号
  ・ 必要部数
  ・ (念のため) リストでの価格

リストに表示された価格は消費税を含みません。
リストでの価格に消費税と送料が追加されます。送料等については別途お知らせします。


下記のファイルをクリックして表示される画像をもう一度クリックすると画像が拡大されます。

「作者まえがきより抜粋」という部分は字が小さいため、読みにくい場合はブラウザの表示メニューからさらに拡大してください(150~200%)。 読みにくく申し訳ありません。

【リスト1】


Siegリコーダー楽譜販売リスト1(90%)


【リスト2】

Siegリコーダー楽譜販売リスト2(90%)

tomo

20161012ジーク作品演奏会 (2)

  2016年10月12日(水)の THE CONSORT COMPANY 主催S.Sieg作品オンリーのコンサート開演に先立ち、非公開で、プロの先生方とアマチュアの愛好家がまざって、Celebrationの12声版の合同演奏が行われました。

20161014103042_00001



その様子をYouTubeにアップしましたのでご覧ください

最後の本番演奏は撮れませんでした。何度目かの練習風景です。

このページからのみ見に行ける「限定公開」にしてあります。

 



tomo


20161012ジーク作品演奏会 (1)

2016年10月12日(水)に、THE CONSORT COMPANY 主催S.Sieg作品オンリーのコンサートが開かれました。

私も15年くらい前に、アフリカ組曲の第2番と第3番を、リコーダーオーケストラで演奏したことがありますが、ジークさんの他の曲はあまり聴いたことがなかったので、とても楽しいコンサートでした。


コンサート開演に先立ち、非公開で、プロの先生方とアマチュアの愛好家がまざって、Celebrationの12声版の合同演奏が行われました。

プラセボからも3人が参加し、武蔵野リコーダーアンサンブルからも数名参加されましたので、様子がわかる写真を掲載します。会場が薄暗くてピンぼけ写真が多く、あまりきれいな写真ではなくて申し訳ありません。

近江楽堂の高い天井の下で。
近江楽堂は響きすぎるくらいなので、この人数ではどうなかと思っていましたが、意外とうるさいということもなく、よい響きでした。


P1000879


P1000910



下の写真の真中が合奏をリードいただいた金子先生。一番左に安井先生。お二人とも私とほぼ同年代とお聞きしました。
ほかにもたくさん先生が写っておられますね。


P1000923

アマチュアメンバーは前列に。後ろから先生方が支えていただきました。

P1000927

P1000921

P1000929


下の写真、私は初めて見ましたが、コントラバスのもう1オクターブ下の楽器
何と呼ぶのかお訊ねしたら、FFコントラバスとかサブコントラバス?などと呼ばれているそうです。
グレートバスの1オクターブ下の楽器は、以前はよくサブバスと呼ばれているのを聞きましたが、FFコントラが来てからはCコントラと呼ばれるとか。
Cコントラは私も吹いたことがあるのですが、さすがにFFコントラは全く背が届かないだろうと思いました。


P1000907

これはどの楽器に使う台座でしょうか。30センチ近くあるように見えました。


P1000906


「季刊リコーダー」 の編集をしておられる森吉先生がお見えになり、ジークさんの取材をされました。

1月号にジークさん来日のお話が載るようです

森吉先生は、アンコールに応援出演しておられました。


プラセボもそのあとの号くらいで登場するかもしれません。


P1000866


演奏会の休憩時間には、プラセボからジークさんの楽譜出版のお話をさせていただきました。

休憩時間にさっそく予約していただいた方もおられたようです。


P1000963

P1000965


これは演奏会終了後の打ち上げの様子。
ビーガンであるジークさんは、肉抜き野菜炒めとか、お豆腐とかを食べておられました。
ジークさんが着ておられる黄色いシャツは、ガーナへ行ったときにプレゼントされたものだそうです。
演奏会でもそれを着れば? と勧めたのですが・・・


P1010001

P1010003

tomo

Siegさん、ありがとうございます

すごいぞ!! オリジナル曲いただきました。

10月9日(日)にジークさんがさいたま市を訪問していただき、リコーダー アンサンブル プラセボと武蔵野リコーダーアンサンブルのメンバー達と食事会、そのあとアフリカ組曲の演奏や茶話会などで、夕方までご一緒しました。

 

その歓談の様子は後ほど書かせていただくことにして、まず最初にご報告したいのが、プラセボと武蔵野のグループのために、ジークさんがオリジナル曲を作曲し、献辞つきで楽譜を持ってきていただいたことです。

Sieg-san composed the original recorder music for Placebo and Musashino recorder ensemble and played it with a piano in front of us.


写真が多くなりますが、こんなことは予想外で、とても光栄なことなので写真とYouTubeにアップさせていただきました。


歓談させていただいたのが公民館だったので、電子ピアノですが、ジークさんが目の前でこの2曲を弾いてくださいました。

このページからのみ見に行ける(限定公開)にしてありますので、ご覧ください。
This page of this YouTube is a limited exhibition.
We can go to see it only from here.




こちらは、プラセボのために作っていただいた曲です。

5声(SATTB)のリコーダーのための曲、「子守唄」 Wiegenlied


P1000848


P1000849


P1000850


P1000851


もう1曲は、武蔵野リコーダーアンサンブルのための曲です。

5声(SATTB)のリコーダーのための曲、「慰め」 Consolation

P1000845


P1000846


P1000847

リコーダーの世界では、世界的に知られた作曲家で、日本のプロ、アマチュア含めたくさんの方々が演奏したり、聴いたりしておられるゼーレン・ジーク氏が、アマチュアのグループのために曲を書いてくださったということ自体が、もう夢のようなできごとです。

It is the event like a dream that world-famous composer composed for amateur groups.
Thank you so much, Sieg-san.



大事に大事に演奏していきたいと思います。

私はほとんど何もしていないので、楽譜の日本版出版にまでこぎつけ、また、今回の夢のようなイベントを開いてくれた他のプラセボメンバー、特にOさん、Nさん、Kさんにほんとうに感謝しています。


(tomo)

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006