tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

インフルエンザ

インフルエンザ予防接種の値段など

インフルエンザの予防接種の季節がやってきました。

私の会社も、また妻の仕事先も医療関係の会社のためか、最近はインフルエンザの予防接種は会社で実施してくれます。
娘1人だけが地元の病院で接種を受けなければなりません。

インフルエンザ予防接種の料金が、医療機関によって異なることはご存知かと思います。
自宅の近隣でも以前の話ですが、2,000円のところと4,000円のところがあり、倍も違うなんて、と思ったことがあります。
予防接種は、あくまでも予防であるため保険診療では費用が出されず、各医療機関が個別に料金を設定するためです。

これまでインフルエンザワクチンは、A型用2種類とB型用1種類とを混合した3種混合ワクチンでしたが、今年はA型、B型ともに2種類の4種混合ワクチンになりました。このため、接種料金も値上げされるところが多くなるようです。

ある会社が全国の1,552施設での金額を調査したところ、2016~2017年シーズンの成人1回目の接種金額の平均は、全国で3,346円だそうです。
昨年と比べると142円プラスとのこと。東京3,440円、大阪3,162円とのこと。
ただ、最も多かったのは3,000円で、全体的にはこの3,000円前後と4,000円前後に山があるとのこと。
私の近隣では4,000円のところが多かったような。

予防接種の効果については、「予防接種したのにかかっちゃって効果がないじゃないか」と思ってしまいがちかもしれませんが、
 インフルエンザにかからない効果(発症予防)だけではなく、
 かかっても症状が重くならない効果(重症化予防)、
 流行を抑える効果
も含めて考えたいところ。

例えば2人に1人しか発症を予防する効果がない場合でも、2分の1に感染ルートを減らせることになるので、感染のスピードを抑えて少なくとも爆発的な流行(パンデミックと呼ばれる)を抑えることができるなど、家族や友人を守るための予防接種という考え方もできるといいのですが。


tomo

え? 子宮頸がん予防ワクチンだって?!

この話題を書くことを、実は躊躇していました。


いまネットなどを見ると、「子宮頸がん予防ワクチンは危ない」という論調で書かれたブログその他が非常に多く、お医者さんが客観的根拠に基づいて冷静に書かれたブログのような記事が、あたかも悪者かのように書かれていることも多いので、ここで私の意見を書くともめてしまう(いわゆる炎上)ことにならないかな、と思ったからです。


趣味のブログで、こういう話題を出すのもどうかということもありましたが、職業柄(薬剤師です)、
ちょっと冷静に考えてみてください、と言いたくなりました。

あまり先入観を持たずに読んでいただけるとありがたいです。



子宮頸がんを発症する方は年に15000人くらい、亡くなる方は30003500人くらいだそうです。乳がんで亡くなる方は13000人くらいなので、その4分の1くらいでしょうか。

年齢的には20代後半から40代くらいの方が一番多いようです。

30代、40代を過ごしていく20年間に、近い年代の女性が子宮頸がんで 3000✖️20で60,000人も亡くなってしまうと思うと、これは大変なことだと思いませんか?


20代後半から40代といえば、乳がんについてなら、市川海老蔵さんの奥さん小林麻央さんや、北斗晶さんが話題になっていますよね。

まだ幼いお子さんがおられる年代で、毎年15000人もの女性がかかり、3000人以上もの方が亡くなっている病気の半分以上を、ワクチンによって病気にかからないようにできる可能性があるのです。


この予防ワクチンを使うことを勧めているのは、日本だけではなく世界保健機構(WHO)や世界各国の関係学会が推進しています。これまでの世界中での接種で子宮頸がんが減っていることが確認されています。



とはいっても、副作用が気になるのはあたりまえですよね。

厚生労働省が作成している子宮頸がん予防ワクチンQ&Aがあり、これまでの調査での重篤な副作用は、Q18に報告があります。

厚生労働省作成の子宮頸がん予防ワクチンQ&A


重篤な副作用は種類によって、96万回~860万回接種に1回、すなわち0.000104%~0.0000116%。最も多いアナフィラキシー(アレルギーショックのようなもの)で0.000104%です。


では、ごく日常的とも思えるインフルエンザ予防接種について考えてみます

インフルエンザワクチンの副作用は、下の報告書の表1では、平成24年に5000万回の接種を行って、301例(0.0006%)、そのうち重篤な例は53例(0.0001%)で死亡数4例(0.000008%)とのことです。

インフルエンザワクチン接種後の副反応報告


両方を比較してみると、100回に1回で1%なので、

インフルエンザワクチン 0.0001%  (100万回に1回くらい)

子宮頸がん予防ワクチン 0.000104% (100万回に1回くらい)


どうでしょう。重篤な副作用の発生率はほとんど変わりません。

みなさん、インフルエンザワクチンは毎年のように受けられているでしょうし、お子さんたちにも受けさせられている方が多いでしょう。

インフルエンザの予防接種は毎年接種、子宮頸がん予防ワクチンは1回(3回接種しますが)で、1回の発生率が同じなら、本当はインフルエンザの予防接種の方が重篤な副作用は多いのかもしれません。


それに、インフルエンザは、例えば予防接種をせずにインフルエンザにかかっても、タミフルとかの特効薬がありますが、子宮頸がんではそういう薬はないのです。

いま訴訟を起こされている子宮頸がん予防ワクチンの副作用については、因果関係が不明と言われており、「訴訟」を起こされたことに個人的には疑問を抱いていますが、健康を害された患者さんたちには、一日も早く健康を取り戻されることを願っています。。

上に書いた「子宮頸がん予防ワクチンQ&A」のQ23にも補償の制度があることが書かれています。


今回のワクチンに関する補償だけではなく、医薬品全体について、医師の処方などにも落ち度がなく、また患者さんも用法・用量などを守っていたにもかかわらず生じた(すなわち責任を問える人がいない状況で生じた)副作用を救済するための「医薬品副作用被害救済制度」というのがあります。

添付文書の情報を見るページをご紹介しましたが、それと同じ医薬品医療機器総合機構(PMDA)という機関が手続等を行っています。

医薬品副作用被害救済制度



さて、このようなワクチンについて、別の視点から見ると、患者さん個人のメリットとは別に、社会的なメリットも考えられます。


最近はC型肝炎などを完全に治療できるすばらしい薬が出てきていますが、治療完了までには数十万円とか数百万円の薬代(自己負担ではなく全薬価)がかかるものもあります。

これまでの治療法を一生涯続けても完全には治らないで医療費(薬代、手術代等々)がかかり続けることを考えると、こんなに高額であっても、その新薬での治療により患者さんが完全に治って、トータルとしての社会的な費用は安く済む場合があるのです。


これによって生まれた差額を、別のがんや成人病の治療や研究のために使えば、より多くの患者さんを救うことができます。

子宮頸がん予防ワクチンについても、子宮頸がんに苦しむ患者さんを半分以下に減らせるだけでなく、これまでその半分の人に使われていた治療費を他の乳癌や認知症などの、これからも増え続ける病気の治療のために振り向けることができるようになるのです。


うっかり書き忘れていましたが、うちの娘ももちろん数年前にワクチンを接種しています。
将来の娘の健康や、将来持つであろう家族の幸せをこわされてしまう要因を少しでも減らすことができてよかったと思っています。



 

(tomo)

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
ハンドベルイベントのご紹介
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006