tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

ハンドベル

ハンドベル アジアフェスティバル(2)

第2弾は、私が受講したワークショップほかのご報告です。

先日の報告(1)では、マスリンギングやソロコンサートでの演奏についてあまり触れませんでしたので、ここで少し書いておきます。

 

ファイナルコンサートでのマスリンギングは、各チーム4曲参加しました。

ワークショップで、フェスティバルクワイア(ワークショップの3コマ分すべてを使って1曲を仕上げるグループです)に登録した方は、もう1曲多く演奏することになります。

 

私たちのチームの4曲は以下のとおり。

どの曲も楽しく、素敵な曲でした。

 

【GroupB】

1.Waltz of the Bells ~ベルの輪~  芦田京子作曲・指揮

2.My Father’s World  サンドラ・エイスン編曲、指揮 ジョン・インチュル・リー(韓国)

 

【全リンガー】

3.どじょっこ ふなっこ    岡本敏明作曲/岡本和子編曲、指揮 中村 真

4.さくら 春風 ~パッサ、セレナーデ~   大塚安宏作曲・指揮



さて、私が受講したワークショップのお話をしたいのですが、その前にちょっと、、、、

ホームポジションについて

 

フェスティバルでは、こんなに大きな大会であるにも関わらず、開会式の次のプログラムが「ハンドベル打ち方の基礎」という者でした。

パンフレットには下のようなイラストで、持ち方、鳴らし方、回し方、止め方などの解説が見開き2ページ載っています。

かわいいイラストなので、またどこかで使わせていただこうと思いますが、運営者、参加者の方々が新しいリンガーも仲間に加えて育てていこうという心が表れているようで、とてもうれしくなりました。


ハンドベルの打ち方イラストーホームポジション


本題のワークショップです。私が参加したのは、

① 大編成の額曲演奏 荒井弘高先生

② ベルツリー 鈴木幸子先生

③ 「(日本の)キリスト教とハンドベル」橋本るつ子先生

 

そのほかには「変拍子の額曲演奏」今田政成先生、「チェンジリンギング」加藤尚美先生、「他楽器とのアンサンブル」鷹巣誠一先生、などを希望として提出していましたが、上記の3つになりました。

 まず、大編成ということで、大きなベルが見られると思って参加しました。C3(5オク)までは普通に打っていましたが、それより下は遠目にみているばかりだったので、触って見られることを期待していました。白鴎大の先生と生徒さんたちがやってくださったワークショップです。


2017-08-18-15-40-51

並んだベルは2ベルです。前に座られた女性の上半身をほとんど隠してしまうくらいの堂々たるもので、一番重いC2?は8キロくらいあるそうです。
ソロコンサートで白鴎大が演奏されるホルストの「ジュピター」をワークショップでも演奏しました。
マレットで打ってもよかったのですが、何とか普通のリングで演奏。手首に気を使いながらやりました。


2017-08-18-15-46-20

2017-08-18-15-36-02



次が鈴木先生のベルツリーの講習でした。
以前、小田部先生のベルハウスでもハンドベル連盟主催のベルツリーの講習が開かれたのですが、その時には参加できなかったので、今回選びました。

2017-08-19-10-42-48

組み方は、楽譜に出てくる音の低いものから組んでいきます。組みあがったものは、下が一番高い音、下へ行くにしたがって低い音になるということですね。
ベルのマークを同じ方向にそろえて組みます。
ベルをマレットで打つのは、どの位置でもいいそうです。

普通にリングするときはベルのマークの反対側に、プラックが当たる打点(ボディに短い縦線が入っている)がありますが、ベルツリーでは気にしなくていいとのこと。

2017-08-19-10-37-00

ベルツリー用の新譜です。
このワークショップの翌日から発売するということでした。

BlogPaint



下の写真のベルは、左がG1、右がC2。

2017-08-18-11-19-51

古いベルのセットも展示してありました。
どれくらい前のものなんでしょうか。

2017-08-18-11-25-42

新しく開発中の国産ベル「はない」
「プリマ」はなくなったそうですので、成功するといいですね。
すでに8年、開発継続中だそうですが、まだプラックのばねかシャフト?が硬くて、大きな音が出にくいそうです。

2017-08-18-11-37-36

tomo

ハンドベル アジアフェスティバル(1)

仙台で開催されたハンドベルのアジアフェスティバルに参加してきました。

こういったハンドベルの大きなイベントには初めて参加させていただきましたが、ほんとに楽しく充実した時間を過ごさせていただきました。

2回に分けて、第1回目は小田部ハンドベル教室の演奏や、マスリンギングについて、第2回目はワークショップなどについてお知らせしたいと思います。 

今回、仙台での開催は、時宜にかなったものだと思いました。

フェスティバル終了後、仙台近辺を旅行された参加者も多く、震災後の復興などをより身近に感じられたのではないかと思います。



突然の新幹線模型ですが、私が出発時に新幹線に乗った大宮駅構内の写真です。

なぜ新幹線の模型が飾られていたのか、よくわかっていません。
大宮は、鉄道博物館もあるので、そちらで何かイベントが行われていたのかも (^_^;


2017-08-18-08-24-36



会場は、「仙台国際センター」で、ご覧のように大きな施設です。仙台駅から地下鉄でわずか3つ目の駅を出ると目の前がこの写真です。


2017-08-19-08-14-06

2017-08-18-15-33-44


会議棟と展示棟を一体利用することで6000人規模のイベントが開催できるということでした。
マスリンギングや全体練習を行ったホールは、展示室を合体させ、3000mもの広さの柱のない空間になっていました。

演奏途中に一斉に音を切っても、残響が天井を流れていき、消えるのに2秒くらいはかかるようでした。練習の初めのうちは、向こうの方のグループはちゃんと音を切ってないんじゃない? と錯覚するほどでした。


2017-08-18-14-17-02



ここが小田部ハンドベル教室の位置。

2017-08-19-12-56-26



こんな衣装で演奏しました。演奏場所は別棟の大ホール(1000人収容)。

演奏曲は、「メキシカン・ハット・ダンス」 メキシコ民謡を多田羅 智穂子先生が編曲されたものです。
今回のアジアフェスでの演奏のために編曲していただき、なんとメンバーの一人として一緒に演奏していただいたのです。
これは、相当特別なことだと、出演者一同感激しました。下の写真でもちゃんと写っておられます。


2017-08-19-17-57-30


2017-08-20-19-04-47

2017-08-21-11-05-01

2017-08-21-11-06-33


今年のアジアフェスティバルは、日本ハンドベル連盟(HRJ:The Handbell Ringers of Japan) 40周年記念も兼ねたイベントとして開かれました。

連盟があり、それが40年も活動されて、リンガーの皆さんの講習会その他もたくさんある、そんな環境が、リコーダーをやっていてそういう団体がまったくないことからするととてもうらやましいです。


image



プログラムには、前理事長の日野原重明先生からの祝辞も掲載されていました。

日野原先生は、およそ10年間にわたり連盟の理事長をされていましたが、体調を崩されて今年初めに理事長をおやめになり、残念ながら7月18日に105歳で亡くなられました。


BlogPaint


アメリカ、イギリス、韓国、香港、シンガポール、台湾からの参加者を含め、600名以上のリンガーが集いました。
ホール前広場(=駅前広場)で集合写真を撮りました。


BlogPaint

これだけの人数が一度に演奏する様子をご想像ください。
2300個以上のベルを使うそうです。



tomo

日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル

日本ハンドベル連盟40周年記念のアジアフェスティバルが仙台で開催されます。

これまで、世界大会とかそういうのには縁がなかったのですが、今回、日本でしかも比較的わたしの居住地からは近い仙台での開催ということで、参加させていただくことにしました。
 

日 程 : 2017年8月18日(金)~20日(日)

会 場 : 仙台国際センター (宮城県仙台市青葉区青葉山)

参加国: 日本、韓国、香港、シンガポール、台湾、アメリカ、イギリス、

      オーストラリア、他(予定)

主 催 : 特定非営利活動法人日本ハンドベル連盟

後 援 : 宮城県、仙台市 他


主なスケジュール:

20170112154607_00001


【主なプログラム紹介】

全体マスリンギング

アジアフェスティバルの参加者全員で、心をあわせて演奏するのがマスリンギング。

2名の日本人指揮者のもと1曲ずつ、計2曲を演奏いたします。

全体マスリンギング指揮者
   大塚 安宏(日本ハンドベル連盟常務理事)

   中村 真 (山形学院高校ハンドベル部指揮者)

 

グループマスリンギング

参加団体・個人を「A」「B」2つのグループに分け、グループごとにそれぞれ2曲ずつマスリンギングを演奏します。

グループマスリンギングの指揮者は日本、韓国、香港、シンガポールから1名ずつ選出されます。

 

ワークショップ

アジアフェスティバルの参加者ひとりにつき、計3クラスのワークショップを受講していただけます。

経験豊かな指導者による、リンガー/指導者向けのハンドベル技術向上のためのクラスのほか、日本はじめアジア各国の文化を紹介するクラスまで、バラエティ豊かなワークショップを用意する予定です。

 

フェスティバルクワイア

ワークショップの時間を全て費やし、ファイナルコンサートでの発表を目指して練習する、フェスティバル期間中だけの即席チームが「フェスティバルクワイア」です。

・Bグループそれぞれ、中級リンガー、上級リンガー向けの2つのクワイアを結成いたします。2名の日本人指揮者に加え、アメリカとイギリスから経験豊かな指揮者を招聘する予定です。

 

ソロコンサート

アジアフェスティバル参加団体による、HRJ全国フェスティバル形式のソロ演奏のコンサートです。1チーム1曲。

このコンサートは2日目の8月19日(土)に終日開かれ、一般公開される予定です。

 

40周年記念式典

8月19日(土)夜には、来賓ご臨席のもと、HRJ創立40周年記念式典を開催します。

 

ファイナルコンサート

最終日となる8月20日(日)に開催する、一般公開(有料)のコンサートです。

日間練習したマスリンギングの成果を参加者全員で発表します。

フェスティバルクワイアや、参加各国代表グループによるソロ演奏も予定しています。

 

その他

ベルの音を美しく響かせるための「打ち方の基礎」。仙台の文化を体験する「交流プログラム」。40年の歴史を振り返る「パネル展示」。さまざまなプログラムで皆様をお待ちしています。



これらを見ると、フェスティバルまでに、全体マスリンギング2曲、グループマスリンギング2曲、参加団体のコンサート1曲 の計5曲を練習することになるようですね。

フェスティバルクワイヤに参加する方は、もう1曲か2曲?増えることになるのでしょう。


2017HBアジア大会パンフ2


tomo


ハンドベル 6 in hand ほか

6 in hand(シックス・イン・ハンド)

先日、ハンドベル教室で、シックス・イン・ハンドというのを教えていただきました。


フォー・イン・ハンドならよく聞いたことがありましたが、男性であることもあって高音域を担当することが多くはなく、フォー・イン・ハンドでの演奏経験はありませんでした。

それで、シックス・イン・ハンドを教えていただくついでに、シェリーフォー・イン・ハンドについても教えていただきました。
組み方などについて、画像も含めまとめておきたいと思います。握るところまで撮れませんでした。すみません。

 

6 in hand
シックス・イン・ハンド

★ まずは、シェリーの組み方です。
この奏法は、高音域の音を同時に演奏したいとき、とくに1オクターブ違う音を同時に演奏したいときに多く用います(たとえばC6とC7など)。
大きいベルの方を先に普通に握り、小さい方のベルの上に90度の角度で重ねて、人差し指と中指の間に小さいベルを握ります。左手の場合は下の画像と反対向きになります。大きい方が上なのは左右同じ。
2つのベルをリングするのは、正面に向けて手を振ると両方のベルが同時に鳴ります。音を止めるときには、2つのベルを同時に胸から肩につけます。

シェリーの組み方



★ 次は、フォー・イン・ハンドの組み方です。
この奏法は、担当するベル数が多いときなどで、片手に持った2つのベルを別々に鳴らしたいときの握り方です。
一つ目のベルは普通に持ち、同じ手で2つ目のベルをクラッパーが90度になるように4分の1回転させて持ちます。普通は内側方向に回転させます。右手に持つときは左側に回転(下の動画)、左手に持つときは右側に回転。
小さい方(下側の)のベルは、人差し指と中指の間に挟みます。これはシェリーと同じです。
鳴らし方は、普通は、大きい方のベル(親指側のベル)は、親指から小指方向に手首を振って鳴らします。小さい方のベルは手のひらを前に向けて前の方に振ります。リンガーの振りやすい手の向きに応じて、振る方向を変えても構いません。

フォー・イン・ハンドの組み方



★ 最後に、シックス・イン・ハンドの組み方です。
この奏法は、担当するベル数が多いときなどで、片手に3つずつベルを持って鳴らしたいときの組み方です。
組み方の前に、楽譜でシックス・イン・ハンドを使ってほしいときには、下図のように扇の形に記載するようです。2つありますが、それぞれ左手、右手の書き方です。

シックス・イン・ハンドの記譜法
6 in hand 記譜

親指側に持つベル(通常は最も大きいベルのことが多い)のハンドルに他の2つのベルを通して固定して使います。

まず、親指側のベルのハンドルに右側のベルのハンドルを90度倒して通してから元に戻します。この2つのベルは同じ方向を向き、シェリーと同じ組み方になります。
この2つのハンドルの中に、中央のベルを90度内側へ(右手用のとき」は左へ90度、左手用に組むときは右へ90度)回転させて通します。

握り方は、人差し指と中指の間に中央のベルを挟み、その中央のベルといちばん外側のベルの間に中指と薬指2本を挟んで握ります。
中央と外側のベルの間には2本の指を挟まないと、中央と外側のベルが近づきすぎてぶつかり合ってしまうことがあるためです。

シックス・イン・ハンドの組み方


鳴らし方は、親指側に持ったベルは手首を内側にスナップをきかせて鳴らすような感じ。中央のベルは親指から小指方向に縦に手首を振って鳴らす。外側のベルは、手首を外側にスナップをきかせて鳴らすような感じでしょうか。
中央のいちばん小さいベルをしっかり鳴らすのが結構大変でした。スナップを十分きかせないといけないようです。


左右の組み方と鳴らし方を先生に見せていただきました。
6つの音を使った曲、きらきら星です。


シックス・イン・ハンドの組み方 と きらきら星


シックス・イン・ハンドはめったにやることはないと思いますが、他の2つシェリーはオクターブがよく出てくる大きな編成の曲で、フォー・イン・ハンドは少人数のアンサンブルで、比較的よく用いられますので、少しずつでも練習していけるといいですね。

tomo

ハンドベルクワイヤ アルファ演奏会のご案内

ちょっと時期的には早いですが、来年1月末のハンドベル演奏会のお知らせです。

ハンドベル連盟直属のクワイヤ ALPHA(アルファ)の演奏会です。

2017年1月28日(土)  16:30開場  17:00開演
青山学院大学 ガウチャー記念礼拝堂

全席自由 : 1500円



アルファの演奏会は聴いたことがないのですが、指揮をされる谷内先生には、あるチームで半年ほど教えていただいたことがあります。

連盟のイベント等でも大活躍の先生ですが、ハンドベルの楽譜についてはとてもお詳しいと評判です。
連盟の各種イベントで、楽譜販売をやっていたら、いろいろご相談されてみるのもいいかもしれません。

もう一つアルファは、今私が教えていただいている小田部ハンドベル教室の小田部万里子先生が、だいぶ前に副指揮者をされていたと伺っています。

演奏会を聴かせて頂きたいチームの一つです。


チラシはクリックすれば大きくなります。(別ウィンドウが開いてからもう一度クリック)

ハンドベルアルファ演奏会チラシ


tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
ハンドベルイベントのご紹介
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
  • ハンドベル アジアフェスティバル(2)
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006