tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

合格率

国家試験合格率について

厚生労働省から今年の薬剤師国家試験の結果が発表されました。

受験者数1万3243人に対し、合格者数は9479人で,合格率は前年からマイナス5.27%の71.58%となったそうです。

うち、6年制新卒者の合格は7052人で合格率は85.06%、6年制既卒者は2295人で50.83%。

合格率の低下は既卒者の受験者が増えたことなどが影響しているとし、全体として波乱のない「穏当な結果だった」との厚生労働省の弁。

大学別合格率は、国立大が前回並みの84.38%、公立大も概ね前回並みの83.69%、私大がマイナス5.67%の70.64%だったそうです。

私大では依然として「出願していながら受験しない」学生が多くみられており、合格率を引き上げるために「出願者のうち合格が見込めない学生に受験させない」といった“合格率ロンダリング”が行われている可能性が示唆されているとのこと。


以前に国家試験について書いた記事↓
大学、専門学校の宣伝する国家試験の合格率って、うさんくさいかも (@_@;)

  

tomo

大学、専門学校の宣伝する国家試験の合格率って、うさんくさいかも (@_@;)

先日の薬業界の新聞に、2016年度の大学入試で、薬科大学・薬学部の志願者数が2年連続で減少したこと、16年度は前年度に比べ12,000人近く減り、113000人余りということが載っていました。

薬科大・薬学部の人気は景気動向に左右されやすいと言われているそうです。もっとも、景気が悪くなると就職しやすい資格系の学部の人気が高まり、景気がよくなると下がるのだとか。

薬学の場合、今は医学部や獣医学部と同じ6年制なので、卒業のころの景気がどうなっているかわからないのですけど。

この記事で私がもっと気になったのは、薬剤師国家試験の合格率です。

今年の合格率は76.85%で、回復したそうですが、一昨年は60.84%、昨年も63.17%と2年連続で低迷していたとのこと。

長期的には国試合格率の全国平均は70%~80%あたりを動いているという印象でしょうか。
私が受験した30年余り前でも全国平均で70%強、私が卒業した関西の私立薬科大学で80数%くらいだったように思います。


5年から10年前位に薬科大学・薬学部が乱立する時期があって、学生の質を心配されたことがありました。ここ数年、その結果が出ているということのようです。



以前に別の記事を読んでいて、ちょっとひどいなぁと思ったのが、大学が公表する国試合格率のごまかし。

特に新しい大学、学部では、後の入学志願者を増やすために、国試合格率ができるだけ高いことが望ましく売りになるわけですが、合格率をあげるため、各学年の進級時や、卒業試験において、国試に合格しそうにない人はふるい落として進級、卒業させないということが当たり前に行われているようです。


例えばですが(数値はわかりやすいように設定)

  入学者(学年あたり)       300人

  国試出願者(出願は卒業前)  200人
  卒業者(実際の国師受験者)  100人
  合格者                  70人

これで、国試合格率は、70%と発表するわけです。
しかしながら、実際その大学に入学した人が6年後に薬剤師国家試験に合格するのは300人中70人23.3%で、4人に1人しか合格できないということです。
国試合格率70%という大学を選んで入学しても、実際は4人に1人しか薬剤師になれない、という実態!
 

出願者数と実際の受験者数が大きく違ったことから、こういった実態が判明したようです。
古くからある大学では、このような操作はあまり行われておらず、やはり多くは新設校のようですが、薬剤師への夢を抱いて入学した学生たちが、この実態を知って愕然とするであろうことが残念です。

しかし、そういう実態が明らかになって、合格率の示し方等について検討されているそうですの期待しましょう。



別の資格ですが、私は「第1種放射線取扱主任者」の資格も取りました。

原発、医療機関その他の放射性物質を取り扱う施設での管理者にもなれる資格ですが、この合格率は、20%程度でした。

ものすごく難関のように見えますが、この試験は受験資格のしばりがありません。薬剤師国家試験は、薬学部を卒業して初めて受験資格ができるのですが、こちらは高校在学生でも受験はできることになっています。

ですから、受験する人には現に働いていて十分勉強できていない人なども多く、本気で勉強して受験した人の合格率は50%くらいではないかと言われていました。

20%の2倍の40%くらいの受験者が一所懸命勉強していたが、残り60%の人は受けるだけ受けてみようというレベルの人も多かったのかもしれません。



このように、資格取得のための試験の合格率には、表向きに宣伝されている数字とは全く異なる場合もありうるということで、資格取得を売りにしている大学、専門学校などは似たような状況があるのかもしれません。

学校は慎重に選びたいね、というお話でした。


 

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • 宮地楽器リコーダーフェア
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006