tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

武蔵野リコーダーアンサンブル

Siegさん、ありがとうございます

すごいぞ!! オリジナル曲いただきました。

10月9日(日)にジークさんがさいたま市を訪問していただき、リコーダー アンサンブル プラセボと武蔵野リコーダーアンサンブルのメンバー達と食事会、そのあとアフリカ組曲の演奏や茶話会などで、夕方までご一緒しました。

 

その歓談の様子は後ほど書かせていただくことにして、まず最初にご報告したいのが、プラセボと武蔵野のグループのために、ジークさんがオリジナル曲を作曲し、献辞つきで楽譜を持ってきていただいたことです。

Sieg-san composed the original recorder music for Placebo and Musashino recorder ensemble and played it with a piano in front of us.


写真が多くなりますが、こんなことは予想外で、とても光栄なことなので写真とYouTubeにアップさせていただきました。


歓談させていただいたのが公民館だったので、電子ピアノですが、ジークさんが目の前でこの2曲を弾いてくださいました。

このページからのみ見に行ける(限定公開)にしてありますので、ご覧ください。
This page of this YouTube is a limited exhibition.
We can go to see it only from here.




こちらは、プラセボのために作っていただいた曲です。

5声(SATTB)のリコーダーのための曲、「子守唄」 Wiegenlied


P1000848


P1000849


P1000850


P1000851


もう1曲は、武蔵野リコーダーアンサンブルのための曲です。

5声(SATTB)のリコーダーのための曲、「慰め」 Consolation

P1000845


P1000846


P1000847

リコーダーの世界では、世界的に知られた作曲家で、日本のプロ、アマチュア含めたくさんの方々が演奏したり、聴いたりしておられるゼーレン・ジーク氏が、アマチュアのグループのために曲を書いてくださったということ自体が、もう夢のようなできごとです。

It is the event like a dream that world-famous composer composed for amateur groups.
Thank you so much, Sieg-san.



大事に大事に演奏していきたいと思います。

私はほとんど何もしていないので、楽譜の日本版出版にまでこぎつけ、また、今回の夢のようなイベントを開いてくれた他のプラセボメンバー、特にOさん、Nさん、Kさんにほんとうに感謝しています。


(tomo)

Siegさんを迎えて (2)公民館にて

2016年10月9日(日)、ランチタイムの後は、公民館へ移動しての懇親会です。

まずは、ジークさんを囲んで記念撮影。

P1000814

続いて、歓迎の意味を込めて、両グループがジークさんの曲を演奏しました。
まず武蔵野は、6声のセレブレーション  

P1000815

続いてプラセボは、アフリカ組曲第4番
両方のグループに所属するメンバーが2人います。

P1000822

P1000824

プラセボが、グノーの9本の管楽器のための「小交響曲」から2つの楽章を抜粋して演奏した後、いよいよジークさんからのサプライズがありました。
両グループのために作曲して、来日に合わせて印刷もし、また目の前で演奏してくださり、ほんとうに感激しましたね。

P1000843

P1000844

プラセボと武蔵野からジークさんへのお土産は、定番の手ぬぐいや風呂敷。
袖なしの羽織はとても気に入っていただいたようでよかったです。
  
P1000855

P1000853

さきほどのレストラン「わおん」で焼いていただいたブラウニー(牛乳とかバターは使われていないそうです)を食べながら、歓談。


P1000858


その後、この車で浦和駅までお送りしたのですが、車の前で一緒に写真撮ってもらえばよかったです。残念!

車の中で、「バスの吹き方がなかなかよかったよ!」とほめてもらったのでとてもうれしいですが、聞いていたのは Kさんただ一人。

そういってましたよね!?


2016-07-28-11-13-13


tomo


Siegさんを迎えて (1)ランチタイム

2016年10月9日(日)、ジークさんを迎えての最初は、ランチタイム。

 

食事をした場所は、ビーガン料理を出してくれるさいたま市与野の「わおん」というレストランです。 ジークさんを含めて、11人。
写真の手前の方がプラセボメンバー、奥の方が武蔵野のメンバーです。


P1000793

ジークさんが、既にひらがなは覚えたし、カタカナもだいぶ覚えたということだったので、ひらがなで名前を書いた名札を用意しました。胸についている黄色い紙が名札。

P1000794

P1000801

初対面にもかかわらず、ジークさんが話をどんどんリードして、会話と笑いが弾みます。
京都や大阪を訪れて撮った写真を見せてくれながら、ああだこうだと。中には大阪駅前?で撮ったコスプレダンス(モモクロのような)までありました。
 (@_@;)

P1000808

メールで数か月のやり取りがあったこともありますが、会って10分後にはこんな感じ。

P1000806

このレストランで食べた「ビーガン料理」、「ビーガン」って何? とお思いの方もおられるかもしれません。

ベジタリアン(菜食主義者)というのならよくご存じだと思います。ビーガンというのはそれのより厳格な主義者とでもいうのでしょうか。ベジタリアンが卵や乳製品を食べるのに対し、ビーガンの方々はそれらも一切口にしないということです。食べ物だけでなく、例えばシルクや羊毛の洋服も身に着けないということだそうです。

ジークさんは30年以上ベジタリアンで、ビーガンになって10数年?だとか。

 

ジークさんの故郷ドイツでは、全人口の15%がベジタリアンで、1%がビーガンだそうです。ドイツ人口8300万人くらいなので、1200万人がベジタリアンで、80万人がビーガンということ。すごい人数ですね。ヨーロッパではこれらの人々がどんどん増えているということです。


ビーガン料理はおろかベジタリアンの料理も食べたことがなく、野菜ということでなんとなく「薄味」をイメージしていた私ですが、「わおん」のお料理を食べて、その出汁の効いたしっかりした味におどろきました。
とてもおいしかったです。


これは韓国料理のビビンバ。
ただお米が黒米?というのか、全体は赤みがかったもち米のようで、もちもちしていました。


P1000800

デザートは穀物コーヒーと、豆乳プリンの上にラズベリーソース(といってもレモンとかミントとかが入っているようで、とてもすっきりしたソース)が乗ったもの。これはほんとにおいしかった。


P1000809

こちらは笛のメンバーではなく、「わおん」のオーナーとスタッフの方々。
ジークさんはほんとにうれしそうでした。

P1000812

このあと、公民館へ移動して、こちら側からの彼の曲の演奏披露、彼からのサプライズが続きます。


tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • ジョーバン・バロック・アンサンブル 第18回演奏会 ご案内
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006