tomoさんの趣味悠々

リコーダー、ハンドベル、水彩画など
いろいろ楽しませていただいていることのおすそ分け

費用

インフルエンザ予防接種の値段など

インフルエンザの予防接種の季節がやってきました。

私の会社も、また妻の仕事先も医療関係の会社のためか、最近はインフルエンザの予防接種は会社で実施してくれます。
娘1人だけが地元の病院で接種を受けなければなりません。

インフルエンザ予防接種の料金が、医療機関によって異なることはご存知かと思います。
自宅の近隣でも以前の話ですが、2,000円のところと4,000円のところがあり、倍も違うなんて、と思ったことがあります。
予防接種は、あくまでも予防であるため保険診療では費用が出されず、各医療機関が個別に料金を設定するためです。

これまでインフルエンザワクチンは、A型用2種類とB型用1種類とを混合した3種混合ワクチンでしたが、今年はA型、B型ともに2種類の4種混合ワクチンになりました。このため、接種料金も値上げされるところが多くなるようです。

ある会社が全国の1,552施設での金額を調査したところ、2016~2017年シーズンの成人1回目の接種金額の平均は、全国で3,346円だそうです。
昨年と比べると142円プラスとのこと。東京3,440円、大阪3,162円とのこと。
ただ、最も多かったのは3,000円で、全体的にはこの3,000円前後と4,000円前後に山があるとのこと。
私の近隣では4,000円のところが多かったような。

予防接種の効果については、「予防接種したのにかかっちゃって効果がないじゃないか」と思ってしまいがちかもしれませんが、
 インフルエンザにかからない効果(発症予防)だけではなく、
 かかっても症状が重くならない効果(重症化予防)、
 流行を抑える効果
も含めて考えたいところ。

例えば2人に1人しか発症を予防する効果がない場合でも、2分の1に感染ルートを減らせることになるので、感染のスピードを抑えて少なくとも爆発的な流行(パンデミックと呼ばれる)を抑えることができるなど、家族や友人を守るための予防接種という考え方もできるといいのですが。


tomo

演奏会を開きましょう! (9) 印刷物について

(6) 必要な役割とその内容 -その1- と (7) 必要な役割とその内容 -その2-で、役割についてお話しましたが、その中のいくつかについてもう少し詳しくお話しようかと思います。

で、今回はチラシ・チケット・プログラム(パンフレット)の原稿作成・印刷についてです。

チケット、チラシに掲載する事柄は、よくご存知だと思いますが、開催場所、時間、演奏曲目の概要などですね。
演奏会を有料にするかどうかを早めに決めて、原稿を作成する必要があります。外部に印刷に出すにしても、自分達で作成するにしても、演奏会のおよそ1、2ヵ月前には作り、配布を始めたいところです。

ごく内輪の発表会とかなら、チケットは用意しなくても済むかもしれません。
当日に配布するプログラムは、曲の紹介やグループの紹介などが中心になりますので、先生にもご意見いただいて作成することになると思います。完成は演奏会直前でいいのですが、内容については一番手間がかかるため、これもチケット、チラシと同時期には作業を始めた方がいいでしょう

チケット、チラシ、プログラムは、もし印刷するのであれば、紙質、何色刷りになるかなどで料金は大きく変わります。印刷部数よりもページ数や色数の方が費用への影響は大きいと思います。

原稿をpdfで用意して、色紙にそのまま濃い目の色1色で印刷してもらうのが、一番早くて安上がりかもしれません。写真なども入れることはできます。
チケット、チラシの印刷枚数は、会場の収容人数の2倍とか3倍くらいでしょうか。来ていただける方にしか渡さないというのであれば収容人数より少し大目くらいでいいかもしれません。
また、知人に配るだけなら枚数は必要ありませんが、複数の楽器店や会場となる施設にチラシをおいてもらうならそれなりの枚数が必要になります。

費用は10年ほど前の古い話になりますが、約500人の会場での開催(聴衆は例年およそ300400弱)のため、チケット1,000枚、チラシ1,5002,000?枚、プログラム見開き4ページ(二つ折り)500部くらいを、すべて1色刷りで、5、6万円くらいかかりました.当時は結構安い方だったと思いますが,最近ならもっと安く済ませられるかもしれません。

必要枚数がそれほど多くなければ、手作り、コピーなどにすると費用は抑えられると思いますし、その準備作業自体を楽しむこともできるかもしれません。

プログラムにからむことの一つに、お子さんの入場をどうするかというのがあります。
クラシックの演奏会では就学前のお子さんの入場を断っているものが多いですが、私個人としては断らない方がいいように感じます。ただでさえ少ないリコーダーの聴衆を減らしたくないですから (^_^;
演奏会を有料にした場合には、特に子供がうるさかったと苦情を述べられる方も出てくるようですが、チラシ、プログラムに、「就学前のお子さんについては、演奏中に他の方のご迷惑にならないようご注意ください。
保護者の方は、状況によりお子さんを外にお連れするなど、ご配慮をお願いします。」というような一文を記載するとか、あるいは開演前にアナウンスすることでいいのではないでしょうか。

その他、演奏会に関するアンケート用紙をプログラムに挟んでいるところも多いようです。
これも担当を決めて予想される入場者分を用意し、プログラムに挟み込む作業が出てきます。
演奏会の反響や、反省点を知りたいなど、グループ内で内容を検討されればいいと思います。


 

tomo

演奏会を開きましょう! (8) 費用の調達方法について

さて、今日は演奏会の費用についてです。

どれくらいかかるかは、会場を調べていけばおよその見当は付いてくるものですが、では、それをどのように賄うかも考えておく必要があります。

リコーダーに限らず、大方の趣味のグループの収入源はメンバーの会費のみというところがほとんどだと思います。
グループの人数が多ければ、毎月の会費から先生への月謝をお支払いしても、その残りで余剰金が増えていくので、それを演奏会用にも積み立てておくことができます。しかし、多くのグループでは会費はそれほど残らないというのが実情ではないでしょうか。
そのときに、演奏会費用をどう用意するか、おおまかには次のような方法が考えられると思います。

1) 会費とは別に演奏会費を月々積み立てる。

2) 演奏会が近づいたとき(あるいは会場費などの支払いが必要なとき)に、一時的に演奏会費を徴収する。

3) 演奏会を有料にし、チケットノルマを決めてメンバーから徴収する(上記一時金と実質的には同じだが)。

1)の月々積み立てるのが負担としては重くないように思います。
演奏会までの期間が長ければ、例えば月千円/人を積み立てれば、1年で一人当たり1万2千円になりますから、費用のほとんどをまかなうに
足りると思います。もし足りなくても、一時金の追加徴収は多額にはならないでしょう。
演奏会に出られなくなった人への返金等の取り扱いも考えておく必要があります。

2)の方法は、どれくらいの会場を使うかが一番影響しますが、一時金として1万円とか2万円を皆が出せるなら、この方法が一番ややこしくないと思います。もしあまれば、人数割りで返金するか、通常の会費のストックに繰り入れればいいですよね。

3)の方法は、演奏会を有料にすること自体がアマチュアにとっては結構ハードルが高いと思います。
自分達の演奏がお金を払ってもらって聴かせるに足るかどうか、こちらからお金を払って聴きに来てもらうべき演奏もあるかもしれませんから (^_^;
有料にする場合にはチラシやチケットにも記載する必要があるので、これは早めに決める必要があります。
チケットを有料にするといっても、アマチュアであればせいぜい500円、千円とかになるでしょうし、
知人ではない人が当日券を買って来場してくれてもそれほどの額にならないでしょうから、費用捻出のメインにはならないでしょう

有料にしてメンバー1人当たりチケット10枚負担などノルマを課すよりは、演奏会は無料にしてチケットも無料で配布し、演奏会参加費を現金で集める方が(すなわち(2)の方法)、ノルマの精神的負担もなく、演奏会まで楽しく練習できるのではないでしょうか。

そのほか、プログラムに広告を載せてもらって広告費をもらうという手もなくはないでしょうが、楽器店などと懇意にしているとか、あるいはグループのOB、OGなどが広告を出してくれるとかいった特別な場合でないと現実的ではないですね。

いずれにせよ、どのように費用を用意するかも早めに考えるのがいいと思います


 

tomo

演奏会を開きましょう! (3) 会場探し

会場探し(場所、予約開始時期、座席数、費用、音響、舞台の広さなど)
演奏会あるいは発表会を開くときに、やろうという意思決定以外で一番早くやらなければならないことが、会場の予約ではないでしょうか。
演奏会場の選択時の検討項目としては、場所、予約開始時期、座席数、費用、音響、舞台の広さなどがあげられます。

〔場所〕
アマチュアグループなら、やはりメンバーのお知り合いが一番の聴衆となるので、会場も、地元がいいかある程度広域から聴衆が集まりやすいところがいいかは、自分のグループの人たちの住んでおられる地域がご近所なのか、広い範囲から集まっておられるかなどによるでしょう。

〔予約開始時期〕
大きな会場でやるときほど予約時期は早くなります。大きな会場だと最近は1年半前から予約開始です。
市民会館とかの中規模施設でも1年前くらいか短くて半年前からです。公民館クラスでも数ヶ月前からというところが多いのではないでしょうか。
公民館とかなら、ある程度演奏できる曲数が増えてから予約しても間に合うかもしれませんが、市民会館あたりでやるなら、演奏プログラムとかを決める前に、まず予約!ということになります。

〔座席数〕
リコーダーの演奏会ですから、あまり大きすぎると聞こえない可能性もあるので、グループの構成人数との兼ね合いでしょうか。メンバーが20人を超えるリコーダーオーケストラなら会場の席数は200500人くらいかな?
メンバーが5人なら、席数は50200人くらいまでの規模の会場が適当でしょうか。ただ、出演者の人数以外に、どれくらいの聴衆に来ていただけるかも重要。
閑散とした会場というのもさびしいので (^_^; 席数の3分の2くらい埋まっていれば、盛会に見えると思います。

〔費用〕
公民館などの小さな公共施設なら、午前リハーサル、午後本番というように2コマ借りて1万円~3万円まででしょうか。リハーサルは別の場所でやって、本番のみ会場を借りるなら1万円で済むかもしれません。
よくリコーダーコンサートが開かれるキリスト教会などをお借りするとしたら、午前、午後で3万~5万円というのが多いかもしれません。

公共施設でこじんまりするとしても、付帯設備(舞台のいすとか譜面台とか、もろもろ)も合わせて5万くらいまで考えておいた方がいいでしょう。私営のスタジオや小さなホールを借りるなら、10万円くらいまで。

もっと広い数百人規模だと、使用料は10万~20万円、最も高いところでは、使用料35万円、付帯設備使用料を合わせると、午前・午後で50万円くらいのところもあります。
費用については、立地、座席数、知名度などで変わりますので、ご自分のグループの人数、演奏曲の傾向などとの兼ね合いで考えることになると思います。

また、会場選択の直接の材料ではないかもしれませんが、費用の支払い時期にも注意が必要です。
予約時に半金、使用日ヵ月前に残り半金、付帯設備使用料は演奏会終了後精算など、会場によって支払い時期が違うので、お金の準備もそれに合わせる必要があります。
それと、会場費以外に、パンフレットなどを印刷するのか手作りするか、会場を花などで飾りつけるのかなどによっても費用が増えてくるため、このあたりも含めて総額として考えておく必要があります。

〔音響〕
音響を一番に考えたいという方もおられるかもしれませんが、小規模の施設ではあまり贅沢はいえません。
会場の事務所の方に、リコーダーで何人での演奏だけど、この会場ではどんな感じでしょうかなど、いろいろお話ししてみたり、ちょっと音を出させてもらうなどすれば、大まかな感じはわかります。
万全を期したいなら、その候補会場での他の演奏会を聴きに行ってみるのも一法です。
リコーダーの演奏会なら最も状況がわかります。

もうひとつは、費用が比較的安い場所なら、リハーサルやお試しで借りて、演奏してみるということもできるかもしれません。

〔舞台の広さ〕
演奏する場所と聴衆の席が同じ平場ならばあまり気にする必要はありませんが、大人数のグループでは舞台の広さも要注意。
逆に少人数だと、平場の会場の方が、聴衆との親近感や臨場感も出ていいかもしれません。

さて、ご自分達の演奏会のイメージがわいてきたでしょうか。
ホール探しについては、次のようなサイトがあります。地域、座席数等での検索もできるので、色々な条件で探すことができると思います。ただ、教会は出てなかったかも。
関東近辺の検索サイトが多くて済みません。

皆さんもお探しになって、いい検索サイトがあれば教えて頂けると幸いです。


 

劇場検索・ホール検索・会館検索(ホームメイト)  http://www.homemate-research-hall.com/

全国音楽ホール  http://tuhan-shop.net/classic/horu/ongaku-horu.html


コンサート会場座席表リンク集  http://www.zaseki.jp/
 

厳選サイト 演奏会会場 首都圏  http://www.so-bitte.info/link/special/specl_hall_metro_01.htm

 

首都圏の音楽ホール   http://www2b.biglobe.ne.jp/kondo/ongaku/hall-shutoken.htm

 

都内近郊の中・小コンサートホール等 http://raumusik.jimdo.com/

 

東京近郊音楽ホール一覧(席数順) http://home.u05.itscom.net/soujutei/hall.htm

 

都内 ホール http://www.zapmeta.jp/ws?q=%E9%83%BD%E5%86%85%20%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB&asid=zm_jp_gc4_05&mt=b&nw=g&de=c&ap=1o2

 

会場候補(2)~サロンコンサート会場 http://homepage3.nifty.com/ayanekai/5_1.htm


 

tomo

演奏会を開きましょう! (1)

演奏会や発表会ができないかと考えている方も多いと思います。
でも、どんなことを準備すればいいのか、何から手をつけていいのかがわからなくて、やりたいねぇって言っているところで止まっている方も結構おられるのではないでしょうか。

そこで、以前の経験から、演奏会までにはこんなことを準備しないといけないかな、ということを書いてみようかと思います。

地域の公民館などで開催される文化祭への参加に始まって、公民館を使った20~30分くらいのミニコンサートから、大きな会場を使った2時間近い演奏会まで、それぞれ準備することは違うかもしれませんが、参考ということで、楽しみとして、あるいは必要なところだけ読んでいただければと思います。
大胆にも、何回かに分けて書こうかなと思っています。(^_^;

小さなグループだと、先生がおられれば、その先生がすべてをアレンジしてくださることも多いでしょうが、そういうときでも、先生はこういうことをやっていただいているんだということで、いくらかでもお手伝いできるといいですね。

初回としては、どんな準備が必要か、その項目について、まず書きました。
それぞれの詳細は、今後分けて書いていきます。

(1)
 演奏会予行演習(地域の文化祭などに参加)
(2)
 会場探し(場所、席数、費用、音響、予約開始時期など)
(3)
 演奏時間・曲数、プログラムの方針
(4)
 演奏会までの作業スケジュール、必要な係は?
(5)
 役割について(必要な役割とその内容)、役割分担決定
(6)
 費用の調達(月会費からの積立て、演奏会参加費徴収など)
(7)
 広報について(チラシ・チケット・パンフレットの原稿作成・印刷、
   案内状・招待状文案、案内状リスト、
   楽器店へのチラシ配布、知人へのチラシ配布、メールでの案内)
(8)
 具体的なプログラム・演奏時間、ホールとの打合せ、著作権のこと
(9)
 当日のためのその他の準備(受付、衣装、食事、アンケート、
   写真・記念撮影、お手伝い・お礼、花束など)
(10)
 その他


 

tomo

季刊リコーダー2017春号
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
  • 季刊リコーダー2017春号にプラセボ掲載
季刊リコーダー2017冬号
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
  • 季刊リコーダーでの楽譜出版などの紹介
S.ジーク作品楽譜 販売リスト
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
  • S.Sieg(ジーク) リコーダー作品楽譜 プラセボ販売リスト2
リコーダーイベントのご紹介
  • 宮地楽器リコーダーフェア
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
  • ストゥディオ・フォンテガーラコンサート
ハンドベルイベントのご紹介
  • 横浜のハンドベルチーム メンバー募集
  • 日本ハンドベル連盟40周年記念 アジアフェスティバル
ジーク氏からプラセボへ
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
  • Siegさん、ありがとうございます
ジーク氏来日/懇談
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (2)公民館にて
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • Siegさんを迎えて (1)ランチタイム
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • ジークが来るぞ! プラセボ 練習日誌 2016/10/2
  • 「アフリカ組曲」の作曲者! S.ジーク氏のコンサート案内
アクセスカウンター
  • 累計:

tomo プロフィール
ブログ内 記事検索
tomoの水彩画 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
  • 水彩画ギャラリー (8) 2012
tomoの水彩画 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
  • 水彩画ギャラリー (7) 2011
tomoの水彩画 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
  • 水彩画ギャラリー (6) 2010
tomoの水彩画 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
  • 水彩画ギャラリー (5) 2009
tomoの水彩画 2008 絵封筒
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
  • 水彩画ギャラリー (4) 2008 絵封筒編
tomoの水彩画 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
  • 水彩画ギャラリー (3) 2008
tomoの水彩画 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
  • 水彩画ギャラリー (2) 2007
tomoの水彩画 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006
  • 水彩画ギャラリー (1) 2006